タグ:本 ( 83 ) タグの人気記事

 

図書館から借りた本。

最近また図書館に行っている。

最近借りた本は、(以下自分のメモ?! 笑)
百鬼園随筆 (新潮文庫)
内田 百けん / / 新潮社(⇒「けん」の字は、ご存知かもしれませんが「門構えのなかに月」です)

★色川武大・阿佐田哲也エッセイズ1 放浪   ちくま文庫

★熱帯の旅人 バリ島音楽紀行   コリン・マックフィー著 大竹昭子訳 河出書房新社

★カナダを知るための60章  綾部恒雄、飯野正子編著  明石書店

★日本語の時制とアスペクト  町田健  アルク

★外国人が日本語教師によくする100の質問  バベルプレス

CDも借りてきた。
■ブルガリアンボイス ブルガリア国立放送合唱団

■モンゴルの響き1 ホーミーとオルティンドー  JVCワールド・サウンズ

■モンゴルの響き2 モリンホール チ・ボラグの至芸 JVCワールド・サウンズ



・・・いや~
電車の中で内田百閒を読むと、乗り過ごしそうになる。
一番乗り過ごしそうなのは『浅田次郎』、いや正直読んでいて乗り過ごしたこともある・・・
内田百閒は、大学のときに気に入って読んだ。
久しぶりに手に取った『百鬼園随筆』は、数ページずつの話なのだが、その口調は
ひとりごちているかんじなのに、なぜか共感し笑えてしまう。
百閒の視点・視線が、私が面白いと思うものと重なっている。
電車の中でも、つい、にやけたりくすくす笑ったりしてしまう。



CDの方は、以前も借りたことのある作品で、確かMD(もしくはテープ?)にダビングして
あるはず(苦笑)当時は、MD!スゲ~小さいじゃん!って感じだった。本当に。
そして、私が馬頭琴を身近に聞いたはじめてのときの音源も、テープだ(笑)。
そ、そ、そして今も『ダブルのCDラジカセで聞いている。
ダブルのCDラジカセ!!(ほぼ死語・・・知らないヒトのためにいうと、
テープが二本ぶん、そしてCDとラジオが一台におさまっているもの。ラジオからテープ、
CDからテープはもちろん、テープ同士のダビングもできる、スバラシイ文明の利器。)
[PR]

by dimanamana | 2008-05-14 19:31 | 楽しいこと。  

本を三冊。(その二)

つづいた。

こうして今も、ガムランを聞きながら書いている~。
『魅せられた身体―旅する音楽家コリン・マクフィーとその時代』は後のこり100ページほど。ああ、終わらせたくない・・・
(小説は終わるのが惜しい!と思って、・・・でも読んでしまうのだが)





色川さんの本は。
実はこれも初めて読んだ。NHKの『知るを楽しむ』で柳美里さんが
紹介(?)していたのだが、他の本も読んでみたくなった。
あえて感想は書きません。本のタイトルが離婚 (文春文庫 (296‐1))だったので、
食卓においてあるのをダンナが




チラ・・・

と横目で見ていた。(チラッ、じゃなくて、なんだか視線に余韻があるような 笑)





そして日本語の本は、仕事関係で。
日本語と日本思想―本居宣長・西田幾多郎・三上章・柄谷行人
まだ、著者の言いたいことがつかみきれていない・・・。
むむ。
[PR]

by dimanamana | 2008-04-05 22:50 | 楽しいこと。  

本を三冊。(その一)

この年になって、初めて本を三冊平行して読んだ。(いや、読んでいる・・・)

結構イッキ読みをするタイプなので、(途中でやめられないだけ!)
平行して読むことはなかった。大学のときも、卒論ではなく『卒制』だったので
なにか文献をいっぱい(→・・・あほな表現だなあ)読まねばならない状況に
なったこともない。(その代わり、作品を平行していくつも作る・・・ということはあったが)


今回は、三冊平行して読んだ!なんて言っているが実は三冊とも全く
タイプの違う本だからできた「芸」(私にとって)である。


一冊目:色川武大 『離婚』
二冊目:小沼純一 『魅せられた身体』
三冊目:浅利誠  『日本語と日本思想』


平行して読む結果になったのにはわけがある・・・
二冊目の『魅せられた身体』・・・知っている方の紹介で読み始めたのだが
この本は、バリ島に見せられたカナダ人音楽家の『軌跡』について書かれていて
その時代の他の作曲家や国の状況などもあわせて解説されている。


知っている方の紹介で読む、初めて読む作家の本・・・


お見合いじゃないけれど、紹介されたこの人・・・
この人はどんな方なのだろう?とその彼の話す内容もそうだが口調や
話の進め方にも気を取られて、品定めじゃないけれど、まだ
探り探り読んでいる感じ。


イッキ読みの私には今までありえない。初めて会った人でも、
どちらかというとその相手の話に身を乗り出し「それでそれで」
と急かしてしまうタイプなのだ・・・。(イカンイカン・・・)


そして今回の彼(笑)は、ゆっくり知りたいの(→アホか)

ということで、わざと途中で本を閉じて、今日の話を思い返したり。


バリ島の音楽、ガムランの話もたくさん出てきて、ますます
バリに行きたくなった。
(つづく)
[PR]

by dimanamana | 2008-04-05 22:37 | 楽しいこと。