タグ:本 ( 83 ) タグの人気記事

 

今年の目標が・・・

あああ~~~
やはり今年もあっという間に過ぎて行っちゃいそう。
ぜんぜん、今年の目標に向かって(向き合って/立ち向かって?)いません・・・

本のメモ。
◇ふちなしのかがみ 辻村深月
◇丁先生、漢方っておもしろいです。 丁宗鐵 南伸坊
◇三月の招待状 角田光代

◇民芸とMingei 尾久彰三 晶文社
◇ナマコのからえばり 10 椎名誠 毎日新聞社

月刊 クーヨン 2013年 09月号 [雑誌]

クレヨンハウス

undefined

表紙の『子どもがいるとこ み~んなかぞく!』
・・・って、子どもがいないとこ・・・は家族じゃないの?!って
ビックリしたけど。
手づくりグラノーラのレシピが見たくて借りたのに、グッサリやられました。

見る―眼の誕生はわたしたちをどう変えたか

サイモン・イングス/早川書房

undefined

最近、『視野欠損』してしまったので、目に関する本を探していたの
だけど、自分自身の目の病変とは関係なくオモシロイ。

オーガニックラベルの裏側: 21世紀食品産業の真実

クレメンス・G・アルヴァイ/春秋社

undefined

え~それホント・・・











[PR]

by dimanamana | 2015-05-13 18:05 | 世の中。 | Comments(0)  

四十肩?

しじゅうかた、と入力したら、『四十肩』とすぐにでてこなくてちょっと嬉しかった 笑

・・・えっと今回も本のメモ。
先日から、笹の舟で海を渡ったり、豆の上で寝たりしていて(^^;)
大抵布団の中で読むときは上向きで両手を掲げるようにしているので、だんだん疲れてきて本を持ち直したりすると、ふとした角度で『イタタタタ!なにこれ?これ以上向きを変えると・・・ギャッ』となるのでした。ヤバイです。四十肩・・・

笹の舟で海をわたる

角田 光代/毎日新聞社

undefined



豆の上で眠る

湊 かなえ/新潮社

undefined


献灯使

多和田葉子/講談社

undefined



[PR]

by dimanamana | 2015-03-07 18:44 | 体にいいこと。 | Comments(0)  

ほら、ちゃんと本のメモ。

今年はマメに書くぞ、メモ。笑

★完璧な病室 小川洋子
★野菜をひと干し 今日の一皿 前沢リカ
★玻璃の天 北村薫
★鷺と雪 北村薫

ミッキーかしまし

西 加奈子 / 筑摩書房


西さんおめでとうございます♪
この本はエッセイ集だけど、なんだか喫茶店で隣のテーブルのヒトのおしゃべりを聞いちゃっているかんじ。こっそり。笑いをこらえられず咳してごまかす、みたいな。
[PR]

by dimanamana | 2015-01-19 12:56 | 世の中。 | Comments(0)  

2014年に読んだ本メモ。

かないくん (ほぼにちの絵本)

谷川俊太郎 / 東京糸井重里事務所




「話して考える(シンク・トーク)」と「書いて考える(シンク・ライト)」

大江 健三郎 / 集英社


やっぱりレベッカブラウンの本は、今年読んだ中でもいちばん。


においのカゴ

石井 桃子 / 河出書房新社


初恋は胸が痛い。ひとの話でも。


小川未明新収童話集 1 明治39−大正12年

小川 未明 / 日外アソシエーツ

~4まで。いまのところ。
[PR]

by dimanamana | 2015-01-08 17:53 | 世の中。 | Comments(0)  

読んでみたかった本。

レヴィ=ストロース講義 (平凡社ライブラリー)

クロード レヴィ=ストロース / 平凡社




古代蝦夷とアイヌ―金田一京助の世界〈2〉 (平凡社ライブラリー)

金田一 京助 / 平凡社


こちらも講義調のところあり。ちょっと楽しい。


代替医療のトリック

サイモン シン / 新潮社


ちゃんとミステリーとか翻訳探偵もののところじゃなくて、漢方とかアロマのコーナーにありました。笑 あたりまえか。


通訳 (海外文学セレクション)

ディエゴ マラーニ / 東京創元社




七緒 vol.37―着物からはじまる暮らし 特集:「紬」の学校。/ホップ、ステップ長じゅばん (プレジデントムック)

プレジデント社


産地も色々のつむぎ、どれもステキ。
コドモっぽいピンクの長じゅばん、染めかえようかな~。
[PR]

by dimanamana | 2014-05-10 00:00 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

出版されてから一年以上経った今。

シャッター商店街と線量計 大友良英のノイズ原論

大友良英 / 青土社



大友さんや、果樹農家の安齋さんや本に出てくるみなさん
どんなふうに毎日を過ごされているのでしょう・・・
福島のみなさんや避難されたみなさん。
ワタシは変わらず、傍観者・・・
[PR]

by dimanamana | 2014-05-09 23:46 | 世の中。 | Comments(0)  

話し合う。

日暮れまでに

マイケル・カニンガム / 岩波書店




「私たち、話し合うべきじゃない?あのことについて』
のようなセリフ、翻訳の本でよく見かけるが、話し合って解決!
する文化なんだな~と思ってしまう・・・
あ、でも最近は、『背中を見て学べ』とかはだめらしい、新人研修でも、
ちゃんと、コレをこうするのはこうだから、とか、将来こんなことに役立つから
コレをしてくださいとか言わねばならないとか。

日本の文学でも、『説明してちょうだい!』(これはワタシも言う 笑)
じゃなくて、
『話し合うべきよ!』というセリフがフツーになるのだろう・・・いつか。


なんだか、『話し合い』というと小学校の学級会みたいな。
えっと今日は~○○くんの・・・について云々・・・
大抵解決したことになる。していなくても。
[PR]

by dimanamana | 2014-04-21 13:01 | 世の中。 | Comments(0)  

文豪。

こころ朗らなれ、誰もみな (柴田元幸翻訳叢書)

アーネスト・ヘミングウェイ / スイッチパブリッシング




まんまと(!?)柴田元幸さんの思惑通り『へえ~ヘミングウェイってこんなのも書くんだ』
と思ってしまった。
文豪食わず嫌いのヒト、ケーキ丸々一個食べなきゃ!ではなく(・・・残して腐らせて捨てる 笑)、
プチケーキの盛り合わせでどうぞ。
[PR]

by dimanamana | 2014-04-17 12:33 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

借りた本つづき。

毛糸だま 2013年 春号 No.157 (Let's knit series)

日本ヴォーグ社




ヨーガン レールとババグーリを探しにいく

ヨーガン レール 高木 由利子 高橋 みどり / PHP研究所




北方の民族と文化

大林 太良 / 山川出版社




アイヌの本―アイヌの文化、考え方、その歴史、そしてアイヌの「現 (別冊宝島EX)

宝島社




山戸家の野菜ごはん―まとめ買い食材を使いきり、からだにやさしい一週間の献立 (MARBLE BOOKS―daily made)

山戸 ユカ / マーブルトロン


[PR]

by dimanamana | 2014-03-13 17:56 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

借りた本。

修業論 (光文社新書)

内田 樹 / 光文社




おじさんは白馬に乗って

高橋 源一郎 / 講談社




体の贈り物

レベッカ・ブラウン / マガジンハウス




黒いダイヤモンド

ジュール・ヴェルヌ / 文遊社


[PR]

by dimanamana | 2014-03-13 17:49 | 楽しいこと。 | Comments(0)