タグ:ボルネオ ( 14 ) タグの人気記事

 

ボルネオを誰と楽しむか。

私のところに来てくださっている方々の中にも、ボルネオ好きさんは何人か
いらっしゃるのですが、そういう方々と行けたら楽しいだろうな~
(なにしろ、ウチのダンナは暑いところが好きじゃないプラス泳げないので・・・)
と思うのですが、先日来たマレーシア航空のメルマガに

H.I.S. 沢村一樹と楽しむボルネオ島5日間

って・・・
リンクを見ていただければ分かりますが、ず~っと沢村さんといられるわけではない
ようですし、沢村さんの表情も微妙・・・
メルマガのうたい文句も「オモシロトークも聞けるディナーパーティなど」
って・・・(^^;)きっとまた、裸の女性の粘土細工の話とか???

ちなみに、メルマガのタイトルは「芸能人と行くマレーシアの旅のお知らせ」
で、沢村さんのほかに、蛭子さん(元祖エビちゃん!)のツアーもあるみたい。
蛭子さんのほうが安いし。

興味のある方は・・・
[PR]

by dimanamana | 2007-08-04 08:46 | 楽しいこと。 | Comments(8)  

マレーシア情報!?

またまた回しモノじゃありません、と言い訳をしつつ、
紹介します。

◆マレーシアの夕べ in 板橋

◆今年最後のクリスマス大イベント!IN渋谷
 ―キナバル山登頂とボルネオ島大自然のスライド&トークショー

板橋のイベント・・・行きたいな~!!

興味のある方はどうぞクリック♪
[PR]

by dimanamana | 2006-11-22 19:59 | 楽しいこと。 | Comments(6)  

サバ州コタキナバル・ホームステイセミナーのご案内

回し者ではありません(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●Visit Malaysia Year 2007
 マレーシア生活体験
 サバ州コタキナバル・ホームステイセミナー

多彩な動植物が生息する、サバ州の州都コタキナバル近郊の村々で、
現地の人々との生活を体験してみませんか?
カダザン族をはじめ、バジャウ、ムルット、マレーなど約30の民族が
おり、多彩な民俗・文化が見られるサバ州での生活体験は、忙しい
毎日の生活で忘れがちな、人々の温かさを思い出させてくれます。
サバ州観光局によるホームステイ・プログラムの紹介、サバ州立舞踊団
による本格的なボルネオ民族舞踊ショー、そしてすてきな景品が当る
お楽しみ抽選会など盛りだくさんですので、多くの方のご参加をお待ち
しております。

日時:平成18年11月14日(火) 19時~21時

場所:国際文化会館新ホール <http://www.i-house.or.jp/jp/>
・・・・・・・・・・・・
だそうです。

もっとくわしく・・・
[PR]

by dimanamana | 2006-10-22 18:17 | 楽しいこと。 | Comments(6)  

日焼けをして・・・

ボルネオを離れる日、予定としてはホテルに隣接しているオランウータンの保護区の見学、ビーチを馬で歩く・・・などのアクティビティをたのしむつもりでした。

しかし!

サピ島での思わぬ日焼けの結果、具合が悪くなってしまったのです。

日焼けをした日は、そうでもないように思ったのですが、翌日になって意外とひどかったことが分かりました。
1階のレストランで朝食を少しだけ食べ、2階のロビーに階段で上がろうとしたら、貧血のようにふわ~・・・というか、くら~・・・というか、一瞬意識が遠のいた後、目の前が急に真っ暗に。とっさにダンナの腕をつかみ、「待って!倒れる~」と(^^;)階段を転げ落ちるのだけは避けたかったんでしょう、こんな状況でも。

ロビーのソファでちょっと休もうと、横になると、掃除のオジちゃんらしきひとが「クリニックがあるよ、顔が・・・」と、気にしてくれました。マレー語では「具合悪そうな顔」っていうのはどういうのかな・・・聞きたいな・・・なんて少し頭をかすめましたが、とりあえずお礼を言って「ちょっと休んでトイレに行ってみる」などと英語で答えるのが精一杯でした。(今から考えると、クリニックに行くのも経験の一つだったかも、ああ、もったいなかった・・・。)

実際、少し休んでから部屋に戻ったのですが。
このホテルには各階エレベータ横にアイスキューブの自動マシーン(?ボタンを押すと、ガラガラ・・・と氷が出てくるんです)がありまして、ダンナに数回行ってもらい、氷で冷やしたタオルで背中からふくらはぎにかけて冷やす・・・という間抜けな一日になってしまいました。半分うなされながら、「熱い・・・冷たい・・・寒い・・・気持ち悪い・・・」と、日焼け=やけど、ということが身にしみて分かりました。


というわけで、オランウータンも馬もオアズケ・・・また来てやる!と思っています。


夕方になり、ようやく気分も落ち着いてきて(体はまだまだ)
夕焼けを見つつ、チェックアウト。
ホテルのプールは結局一度も入らず。塩素の匂いがちょっと気になるくらい、海が本当に美しかったのです・・・。(日焼けしたけど!涙)
b0046200_18252981.jpg

見る見るうちに、空の色が変わってきて・・・
b0046200_18264453.jpg

こんなところで過ごしたんだなあと、改めて旅を振り返りました。

また来たいです。リベンジ!?
青い空が夕焼けに染まる、それを映す海。この空と海をまた見に来ます。
b0046200_18294463.jpg

ボルネオ日記、おしまい。長々とお付き合いくださって、ありがとうございました。
[PR]

by dimanamana | 2005-09-16 18:31 | 楽しいこと。 | Comments(10)  

夜行性動物を見よう!

シャングリラ・ラサリアという、泊まったホテルのアクティビティで「夜行性動物を見る」というものがありました。
私自身は、シンガポールやオーストラリアで見た、夜の動物園とか、みんながご飯を食べているところに寄ってくる動物たちを観察する・・・的なものかと思って、正直「ええ~(-”-;)予約すんの~」という反応をダンナに対して示してしまったのですが。

夜9時に開始のため8時半集合で、でもぎりぎりとか説明が始まってから来る外国人カップルがちらほら(苦笑) 
レンジャーさんに連れられて、ホテルの敷地内の森の中へ。そこにはベンチがたくさん並べてあって、がさがさと音がしたら、レンジャーさんが懐中電灯で森を照らして、何か動物がいないか探す・・・というなんとも当たり外れの激しそうなアクティビティ。

このツアーに参加した、という人たちとキナバル公園のツアーで一緒だったのですが、その人たちが言うには「全然見られなくて苦行、修行みたいよ!くらーいところで、音を立ててはいけないの!1時間ガマンしたけど帰ってきちゃった(^^;)」・・・って・・・

その話を聞いていたからか、2時間ほどガマンした結果(笑)、がさがさっ と音がして、レンジャーさんが懐中電灯で照らしたら、果物をかじっているらしき動物が・・・


最初は陰に隠れて、目と口、手くらいしか、「動物?」らしきものは見えませんでしたが、置いてあるおびき寄せ用のフルーツに目がくらんだのか、みんなの前に姿を現しました。
ベアーキャット、マレー語ではビントゥルン(binturong)という、

後姿はたぬき
顔はちょっとアライグマ風

の動物が!!!!

レンジャーさんが言うには、果物の他にも、ねずみや小鳥を食べるそうな。
このアクティビティは、本当に何も見られないときもあるようなので、そういうナチュラルなかんじを楽しみたい人にはオススメです。夜行性動物を絶対に見たいなら、そういう動物園に行ったほうがいい!
[PR]

by dimanamana | 2005-09-13 19:51 | 楽しいこと。 | Comments(8)  

サピ島でシュノーケル。

ボルネオに来て、マングローブツアー・・・キャノピーウォークとキナバル公園・・・そして念願の!海です、海!!!!サピ島へ。

マレーシアのペナン島に来たことがあるのですが、おなじくシュノーケルのため船に乗り込んだらとんでもない船で、エンジンが壊れたとかで揺れまくりの時間は2時間もかかるだので、乗客のうち子供はほとんど、また大人もゲロはきまくり(失礼!)。私もひどい目にあったのです。というわけで、酔い止めをしっかり飲んでいざ出発!(追加情報: 桟橋からサピ島までは、ほんの10分ほどです。ご安心ください・・・)
b0046200_16585824.jpgこんな感じのところから出発します!桟橋横にある、エージェントからフィンなどのシュノーケルセット、ダンナにはライフジャケットを借りました。




サピ島を選んだ理由は「砂浜がきれい」とパンフレットに書いてあったから。私は泳ぐのが好きだけれど、だんなはそうでもないので、砂ででも遊んでもらおうと(^^;)しかし、予想以上にきれいな砂浜でしたよ!
b0046200_164910100.jpg

本当に白い。少し海に入ったあたりは、じゃりじゃりのサンゴのかけらがありましたが、ビーチはこまか~い白い砂!(というわけで水着も下半身も砂だらけ 笑)



b0046200_16504334.jpgそして木陰のテーブル&ベンチでランチ。
ツアーのためセットになっていて、これまたマングローブのときと同じように他のツアーはビュッフェ形式でしたがうちはなんと「お弁当」。暑いのに大丈夫か?!と思いましたが、
どうしてどうして
この、上にある春雨サラダがチョーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー辛いんです。
きっとバイキン細菌も逃げ出す(?。?)くらい辛いです。まあ、それでも日本人向けに優しい味わいになってるんでしょうけど。サンドイッチや、アップルタルトはフツーに美味しかったです。





そして、波打ち際から少し入ったあたりに座って、持ってきたパンをなげると・・・
b0046200_174181.jpg

こ~んなシマシマの魚がうわ~~~~~っと寄ってきて、こんな感じ。びちびちっと。
水中用のインスタントカメラでも魚を撮ったのですが、あまりうまく撮れていませんでした。残念!

9時半くらいに島について、帰りは2時15分の船。もっと泳いでいたかったな~。さよなら、サピ島!
b0046200_1771667.jpg

[PR]

by dimanamana | 2005-09-11 17:11 | 楽しいこと。 | Comments(8)  

ラフレシア。

キナバル公園のツアーの途中、ガイドさんが
「みなさん、ラフレシア見たいですか?」
と聞くのです。

どうやら、話によると、
ラフレシアを見るツアーは一万円くらいして、しかもあるかどうか分からないのに
山に入って、見つからなかったら「ああ残念でしたね~」で終ってしまうそう。
でも、農家の人が、子供たちを山に入らせたり自分たちで見つけに行ったりして
実際につぼみが見つかった場合は、後どれくらいで咲くか見当を付けながら
山の中に道を作ったり、掃除をしたり、看板を作ったりして観光客に見せるそうです。
もちろんお金は払うのですが(^^;)家の前に料金所を作って、お母さんがお金を回収。 
育てたわけじゃないのに・・・って思う部分もありますが。

ガイドさんが看板を目にした農家の前で、花がどれくらい咲いているのか、どのような状態なのか(見る価値があるか?例えばもう花が終わりなのか、きれいな状態なのかとか・・・)を聞いてくれて、見に行くことになりました。看板は手作りで
b0046200_10195128.jpg

この赤い文字がラフレシアの赤を思わせて魅力的。

花は開いてから1日目だそうで、5日くらいで終るようですからきれいな状態が見られてラッキーでした。
b0046200_10222761.jpg

人間や動物が触れると、その体温で花が腐り始めてしまうそう。敏感ですね。
しかし・・・ああ・・・もう虫が捕まっている・・・(涙)
[PR]

by dimanamana | 2005-09-10 10:04 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

ポーリン温泉 キャノピーウォークと キナバル公園散策

テングザルの翌日は、キナバル山のほうへ。
b0046200_17265126.jpg

何だか、富士山より高い、といわれると悔しくなったりして(^^;)こういう時「愛国心?」なんてことを考えてしまったりします。

トイレ休憩のときには、お決まりのトイレ前でのお金の支払い(苦笑) ちょっとした展望スペースに上る階段の下には子供が陣取っていて、もちろん金額を書いたプラカードなどを堂々と出しています。・・・あなたたちが作ったんじゃないでしょ・・・

さてさて
この日はマレーシアの「独立記念日」だったこともあり、ポーリン温泉にはたくさんの地元民が!ガイドさんもびっくりしていました。温泉、といっても、足湯ができるような小さいブースがたくさんあるようなところです。源泉はちゃんと(?)硫黄のにおいがしました。
b0046200_1726308.jpg

これが源泉のでてきているところ。

実はキナバル山は火山ではないらしいのです。温泉も、フィリピンのほうから流れてきているらしいのです。面白い!戦時中に日本軍が見つけたそうですが、日本人は温泉好きだなあ(^^;)
フィリピンには行ったことがありませんが、もし行ったら「ボルネオに繋がってるんだな」なんてまた違う意味で楽しいかもしれません。

ポーリン温泉から、少し(500Mだけ!高さじゃなくて距離で・・・ 笑)山をハイキング。
有名なキャノピーウォークはこの先にありました。キャノピーウォークも、地元民でにぎわっていました。つり橋が3本あるのですが、太ももの裏あたりがゾワ~~~~っとしました。
b0046200_17274495.jpg

これは加工ではありません、揺れているんです(涙) 一歩目を踏み出すとき、微妙な隙間がきになったりして。

森の中は。
[PR]

by dimanamana | 2005-09-09 17:34 | 楽しいこと。 | Comments(2)  

ガラマ マングローブツアー 3

テングザルをガイドさんやボートのおじちゃんが次々発見してくれる中、負けずぎらいの私は「くそー、自分で見つけてやる!!」と息巻いていました。
もともと目が悪く、コンタクトをしても0.9くらいですが、だんだん目が慣れてきて、「あっ、あそこ!」「そこにも!」と!!!!
コタキナバル行きの便の中で映画「マダガスカル」を見て、ライオン君が野生に目覚めるシーンが印象的だったのですが、まさにそんな感じ!?

でも、発見するのは早いのですが、いざ双眼鏡を手にすると、「あれ~、え~っと・・・」(苦笑)
(いつか、レーザーで近眼を治療したら・・・なんてネ)

海へ川が分かれて流れるポイントがあり、そこでボートは引き返すことに。
帰りは夕焼けで、またいい感じ。
b0046200_1154771.jpg

後発ツアーの人に、サルを見つけて「あそこ!」なんておしえてあげたり。
村の近くには、カニクイザルや、水牛もいました。
b0046200_11551033.jpg

こうしてUPしていると、機械に囲まれた生活が「不自然」に思われます。PCの前にいながら、何ですが・・・

ゴハンに興味のある方は。
[PR]

by dimanamana | 2005-09-09 12:05 | 楽しいこと。 | Comments(4)  

ガラマ マングローブツアー 2

マングローブは、沖縄にもありますが、ここには8種類あるのだとか。
このような
b0046200_11415718.jpg
細長い「タネ」(とおじちゃんは言っていた)が、
b0046200_1142812.jpg
こんな風にマングローブの木の花からさがっていて、熟す?と自然に木から落ちて
b0046200_11441114.jpg
泥土の上に突き刺さる・・・そしてそのキュウリのイボイボみたいなところから、根っこが生えてくるんですって!
うまく突き刺さっていますが、実はボートで岸まで寄ってもらって、泥にグサッと刺したものもあるし、シュッっと投げてうまく刺さったものもあります・・・うまく刺さらずに斜めに寝ているのは・・・私が投げたやつです(涙) まあ、自然にこうなるらしいです。でもちょっと植林気分(^^;)
[PR]

by dimanamana | 2005-09-09 11:48 | 楽しいこと。 | Comments(4)