<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

カラダと脳。

響きあう脳と身体 (木星叢書)

甲野善紀 / バジリコ


[PR]

by dimanamana | 2013-03-30 23:35 | 世の中。  

『薄氷を踏む』。

薄氷の踏み方

甲野 善紀 名越 康文 / PHP研究所



精神科医の名越康文さんと、武術研究家の甲野善紀さんとの対談本。
対談本は苦手、行間を読みづらい、想像しづらいから・・・とワタシは
ここに書いたことがあるが、仲良しなお二人がノンビリゆったり
でも真面目に思うまま話を聞いて、自分も話して・・・という
『雰囲気』が伝わりました。と思う。

対談、のなかには、きっと(想像だけど)お互いに言いたいことを言い合うだけで
『相手のハナシも聞く』というのを忘れているんじゃないか?というのもある
だろうけど、お二人はきっと何度も同じような話をしていながら、
お互いの話の中にまた新たに発見がある、という、不思議な感じが
伝わってきて、それが面白かった。



名越先生のセリフ(というのか?)引用(p.200):
「自分が染めて、なんとか人間のフリはさせられるかもしれないけれども、
ほんとうはもう、この世で生きて行く折り合いをつけることで精一杯の
異星人が突然変異した」みたいな人しか僕は手を出せないし、またそういう
人が僕のところに来るんです。ただし、これはあくまで僕基準ですよ。
どんなに社会的には安定し成功していても、あるいは才色兼備の
人だって実態はそういう人っているんです。(笑)


カッコ笑い、って (^^;)


そしてワタシの大好きなY先生に個人的にメッセージ・・・

やっぱり先生は宇宙人なんですよ。で名越先生に引かれちゃった・・・んですね。





雪の練習生

多和田 葉子 / 新潮社


[PR]

by dimanamana | 2013-03-16 00:27 | 楽しいこと。  

ちゃんと。

長尾智子の毎日を変える料理: 作って楽しい・食べてうれしい・長尾式料理教室

長尾智子 / 柴田書店


ごはん、つくらなくっちゃ。
[PR]

by dimanamana | 2013-03-14 23:02 | 美味しいもの。  

足跡。

b0046200_1124694.jpg


たぶんネコ。
1月に時々来ていたデブの黒猫、
最近来ない。
『デブ』なんて言ってごめん、また来て!

東京では、冬の寒い日などは暖かい黒いクルマなどの上で
丸くなっていたりするけれど、こちらではきっと逆に冷たくて
乗っかるなんてできないんだろうな~。
先日行った露天風呂の金属の手すりは、ホント女子高生風に
『チョ~マジヤバいくらいつめた!ってカンジ』だった。

紺色のクルマはご近所さんの。しょっちゅう出入りしているので
クルマの下などは暖かいに違いない。
微妙な温度の違いにはきっと敏感だものね~
[PR]

by dimanamana | 2013-03-12 11:24 | 楽しいこと。  

何をもってニンゲンというのか。

犬の心臓 (KAWADEルネサンス)

ミハイル・A・ブルガーコフ / 河出書房新社



フィクションです、と思いたい。
ちょっとキモチ悪くなってしまうかも。


bk1の紹介では
『吹雪の夜、病院の匂いを身にまとった優雅な紳士と出くわした野良犬は、
満ち足りた生活を送ることになるが…。奇怪な想像力が炸裂するアンチユートピア小説、
復刊。【「BOOK」データベースの商品解説】

怪我をして死にかけた犬のシャリクは、若返りの研究の権威であるプレオブラジェンスキー教授に
引き取られる。教授に、死んだ人間の脳下垂体と精囊を移植されたシャリクは…。
奇怪な想像力が炸裂するアンチユートピア小説。【「TRC MARC」の商品解説】』
とのこと。



20世紀最高のロシア語文学『巨匠とマルガリータ』の魂を宿す“心臓”が再び鼓動を打ちはじめた。
この事件に心拍数が上がらないようじゃ、小説好きとはいえません。ーー豊崎由美(書評家)
とamazonでは出ていたが、ワタシは心拍数が上がるというよりは
脳貧血・・・青ざめる感じだったけど。


作者のミハイル・A.ブルガーコフさんが亡くなったのが1940年。ウクライナ生まれで
キエフ大学医学部卒業とのこと。70年後の医療の現実と問題・・・いま生きていたら
どんなお話を書いたのか・・・
高齢化社会と医療とか。
[PR]

by dimanamana | 2013-03-12 11:22 | 世の中。  

歯。

疲れてくると歯がぐらぐらしたり、痛んだり・・・
ということがよくあるワタシがつい手に取ってしまった(^^;)
ちょうど、インプラントでテレパシーが使える?!というニュース(?)を読んだところ
だし(笑)


歯とスパイ

ジョルジョ プレスブルゲル / 河出書房新社



歯、一本一本について語られる。


歯について自信がない人は、自身の歯ストーリーがいっぱいあるのでは。
うちの妹のように『歯医者に見せるのが恥ずかしくて虫歯が進んじゃった』
みたいなのはよくありそう。→別の歯医者に行って、無事治しました(笑)
[PR]

by dimanamana | 2013-03-04 17:27 | 体にいいこと。