<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

働くということ。

蜩ノ記

葉室 麟 / 祥伝社



鉄の骨

池井戸 潤 / 講談社



それからはスープのことばかり考えて暮らした

吉田 篤弘 / 暮しの手帖社



暮しの手帖別冊 季節の手芸 2012年 05月号

暮しの手帖社


[PR]

by dimanamana | 2013-01-31 11:00 | 世の中。  

スコーン風に。

b0046200_13233716.jpg


先日のコーンミールを使ったレシピでまた・・・
と思ったところ、また全粒粉しかないし・・・
せめて白いお砂糖で!と紅茶とかに使うスティック一本3gのヤツを
使ってみました(ちょっと不健康だけど 笑)。若干美しい黄色に
寄ったような。
今回はスコーン風に。焼き立てをパクリとつまんじゃうのが
こういう小さめなもののイケナイところですね。




そしてまた仕込んでいたリンゴ酵母をなぜかダメにしてしまいました。
リンゴ酵母は失敗も少なく簡単だよね!となめていたところがあります・・・
そう話していたのを聞いていたに違いない・・・
[PR]

by dimanamana | 2013-01-28 13:11 | 美味しいもの。  

パン。



b0046200_22165382.jpg


相変わらず時々ビンに発酵しそうなものを入れて(食べ物ね)
パンを焼いていますが、前回は冷蔵庫でカリカリになるくらい
ドライになってしまった賞味期限切れ二年ほどのブルーベリーで
(→乾いているから『腐ってない』よね~?→使えるんでは、と 笑)
いい具合に発酵して成形もなかなかだったのに、何を思ったか
『そういえば厚手のフライパンで前焼いたよね?』と、そのフライパン
ではなくごくごく弱火で使う焼き芋土鍋に並べ、焼いてみたのです。

…結果は惨敗、もちろんごくごく弱火で焼いてみましたが
下の面が炭、中~上部にかけては生焼け、ともうサイコーです。
いつもの失敗作を食べきるためのアイディア『スライスして二度焼き』
→ビスコッティですね。ビスコッティは失敗していないヤツを二度焼きですが・・・
まぁそれはいいとして、今回は真面目にオーブンで焼きました。
(いつかリベンジします・・・ ^^;)

実は二種類仕込んでいました。
瓶には、これまた期限切れの乾いちゃったドライチェリーを入れたもの。
もうひとつはいつものリンゴの芯を入れたもの。
リンゴの芯は、失敗する確率が低く、慣れているし香りもいいし
好きな酵母です。

しかし・・・
ドライチェリーの方は、なぜか発酵せず?シーンとしたまま・・・
リンゴの芯は、蜜入りだったしちょっとハニーココナツという
黒砂糖みたいなのを入れたのもあってか、二日ほどでシュワシュワ
言い出して。というわけで今回はこちらを使いました。


中にはお餅をいれたもの、チョコレート、ハニーココナツを巻きこんだものを
適当に(^^;)

で、お餅がはみ出しちゃいました~(^^;)
チョコも、丸めがへたくそだったのか底割れしちゃって。
やっぱりテキトーはダメですね。
[PR]

by dimanamana | 2013-01-17 22:17 | 美味しいもの。  

橋本治さん。

この本が発行された2007年も、色々なことがあった。
・・・と今思い出すが、ふだんは忘れている・・・

最後の「ああでもなくこうでもなく」―そして、時代は続いて行く

橋本 治 / マドラ出版



日本はどこへ進むのか・・・。
[PR]

by dimanamana | 2013-01-13 23:25 | 世の中。  

あけましておめでとうございます。

b0046200_0285476.jpg



あけましておめでとうございます。

良い年になりますように・・・
[PR]

by dimanamana | 2013-01-06 00:35 | 世の中。