<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ロシア人作家の本。

あれ、ロシア『人』『作家』ってかぶってる??
でもロシア作家、じゃ変だしな~ ロシア文学、か。
ロシア人が書いた作品の本。

ロシア人のひと、中国人のひとっていうような言い方、
つい使っちゃうけど・・・まぁこれは『中国人が・・・』というと
ちょっとキツく感じるから『失礼に感じさせないように』という
意味で個人的に許容範囲だと思っているけれど。

消えた太陽 (魔法の本棚)

アレクサンドル・グリーン / 国書刊行会



短編集。翻訳者二人のうちの一人、沼野充義さんの訳者あとがきが18ページもあって面白い。

それにしてもロシア人作家は昼が長い時季に書くのか、それとも冬、遅くに夜が開けあっという間に
太陽が沈むとき?(夜型の作家さんなら、冬の方が良かったり?
・・・逆に白夜みたいな時はまったく書けなくなったりして 笑)

北海道に来て、冬の昼の短さに滅入るときがある。晴れた日は
逆に雪がまぶしくて、世界がキラキラして明るくて、という、
環境が『躁鬱』(?)状態で、ついていけないこともある。
ロシア人のセンスなのかもしれないが
滅入っているときに書いてるんじゃないかと思う作品が・・・
(そしてこっちに伝染して、夢でうなされる)


今日は朝-19℃。
昼間もそれほど気温が上がらず、鼻の穴が痛かった(笑)
いや、厳密にいえば鼻毛・・・の生えている鼻の穴の皮膚?!
[PR]

by dimanamana | 2011-12-22 23:37 | 世の中。  

どなた?

b0046200_22123479.jpg

生きものの存在を感じるだけで嬉しくなります。
[PR]

by dimanamana | 2011-12-09 22:12 | 楽しいこと。  

寒さ自慢雪自慢。

b0046200_10114091.jpg

一晩で積もりました。朝起きてビックリ。
[PR]

by dimanamana | 2011-12-05 10:11  

初めてのアフガン編み。

b0046200_15112647.jpg

3時間のワークショップ。面白かった。
最初はそのテクニックが「なんのこっちゃ?」と理解できなかったが
慣れてしまえば大丈夫。
棒針とかぎ針の中間、というか組み合わせのような
不思議な編み方なものの・・・
昔流行ったのよ、とおばさま方(60代~)がおっしゃっていた。

100均や安く手に入る『手編み』(どこかの国の、どなたかが
安い自給で作っているからなのだが・・・)のせいもあるが
それこそ子ども時代のうちに、製品が出来上がるまでの工程や
手間を学んだり、実際に作ってみてどれだけ大変かなどの体験をしたり
といったことも必要だと思う。
[PR]

by dimanamana | 2011-12-02 15:11 | 作ったもの。