<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

здравствуйте!

最近、といっても5か月前からロシア語講座に行っている。
20回コースなので残念ながら来週で終わり。最後のレッスンになる。
いつも思うのだが、大人になってからの語学学習は
頭に入らない(笑)からホント大変。

でも今回、オトナ(というかオバチャン?!)は言いたいこともたくさんあって、
だからしゃべるためには習得しなくちゃ!って頑張れるかも、と思った。
学ぶストレス(習ったのに忘れてしまったという自己嫌悪や
辞書や参考書を引く手間なども含め)よりも、しゃべれないストレスの方が
ツライ!!のです。冗談とかも言ってみたいし。

20回コース、短かったけど「ズドラストヴィーチェ!」が「こんにちは」だって
ことさえ知らなかったワタシ、ちょっとはアタマが活動したかも。
(その分、インドネシア語が出て行った・・・ 苦笑)
20回では終わらなかったロシア語のテキストを自力で終えてみようと思ってます。

北海道に来たロシア人の方々が困っていたら
大丈夫?ってとりあえず声をかけられるといいな~
・・・その後説明できないかもしれないが・・・
[PR]

by dimanamana | 2011-09-28 08:53 | 楽しいこと。 | Comments(2)  

原発。

北海道には泊原発がある。

幌延(ほろのべ)には『新地層研究センター』という名前の施設もある。

(赤ずきんちゃん風に)
へ~地層、研究してるんだ?なぜなの??
・・・それはね、『放射性廃棄物』ってやつを埋めちゃおうって思ってるからだよ・・・


公聴会でのやらせやお金のやりとりがあった云々は
きっとそれほど人々の関心を引かないのだろうな~と
思うような報道。スポーツで北海道のチームが勝つかどうかの方が
重要?!みたいな。

先日東京に帰省して、天気予報みたいに『今日の放射能レベル』が
流れてビックリした。毎日こんな『何何ベクレル』のUP/DOWNで
一喜一憂するなんて、私が思っているよりよっぽど東北~関東の
ヒトは大変だ。母も、『外に濡れた洗濯物を干したくない』とか
『北風の日は窓を開けたくない』とかで、しかも節電の中35℃以上、
ひどい時には40℃近い状態で過ごしていたのかと思うと、胸が苦しい。

老人だからといって『早く死んでもいいだろアナタたちは』といった
見方もあるようだけど、それは違います。

日本の原発、どこで間違えたのか

内橋克人 / 朝日新聞出版


2011年4月に第一刷、急いで作ったのかな?感(?)があるが
原発は『超』大急ぎ(マジちょ~~~急いで、というか)
で作ったことは通じた。

データの単位が分からないけど『内部被ばくの脅威』

内部被曝の脅威 ちくま新書(541)

肥田 舜太郎 / 筑摩書房


・・・だいぶ前に書かれたものだけれど、出版当時にたくさんの人に
読まれていたらどうだったか。
[PR]

by dimanamana | 2011-09-27 23:09 | 世の中。 | Comments(0)