<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

写真展。

b0046200_19135895.jpg


ひかりわななくあけぞらにを書かれているjadegreen_gardenさんのグループ展に
行ってきました。
屋久島にはまだ行っていないのですが、是非行ってみたくなりました。
展覧会の会場に入ってすぐの壁面いっぱいに、出品者の皆さんの小さい写真が
並べられていました。ああ、色々なみどり・ちゃいろがあるんだなあ・・・
ワタシがふだん想像している『自然』なんて、ナンテ小さいんだろうと
思わされました。

以上ありきたりの感想でした・・・(^^;)


JGさんの写真もステキでした。ブログにも、いくつも彼女の写真が載っています
ので、ぜひ、リンクから飛んでみてください。
[PR]

by dimanamana | 2008-05-27 19:13 | 体にいいこと。  

借りた本 その2

陰と陽の不思議 乾物編―葉小青の中国家庭料理 (LJ books 料理シリーズ)
葉 小青 / / 学習研究社

コレも借りた。

早速やってみたい料理がいくつも。
そのうちの一つは、『金針菜スープ』。
金針菜ときくらげと、トマトと卵。
『イライラ防止や貧血に効く。むくみをとる効果も』とのこと。
味付けも塩と砂糖でシンプルだし。(→出汁、にかけたわけじゃなくて 笑)


東京ではあまり見かけない『棒ダラ』を使った料理もあるから
メモしておいて、こんど北海道に行ったときに買ってこようかな。
ちなみに、乾物のなかでも貝柱は、ダンナはそのまま食べたい!といって
なかなか料理に使わせてくれない(^^;)
[PR]

by dimanamana | 2008-05-14 19:40 | 体にいいこと。  

図書館から借りた本。

最近また図書館に行っている。

最近借りた本は、(以下自分のメモ?! 笑)
百鬼園随筆 (新潮文庫)
内田 百けん / / 新潮社(⇒「けん」の字は、ご存知かもしれませんが「門構えのなかに月」です)

★色川武大・阿佐田哲也エッセイズ1 放浪   ちくま文庫

★熱帯の旅人 バリ島音楽紀行   コリン・マックフィー著 大竹昭子訳 河出書房新社

★カナダを知るための60章  綾部恒雄、飯野正子編著  明石書店

★日本語の時制とアスペクト  町田健  アルク

★外国人が日本語教師によくする100の質問  バベルプレス

CDも借りてきた。
■ブルガリアンボイス ブルガリア国立放送合唱団

■モンゴルの響き1 ホーミーとオルティンドー  JVCワールド・サウンズ

■モンゴルの響き2 モリンホール チ・ボラグの至芸 JVCワールド・サウンズ



・・・いや~
電車の中で内田百閒を読むと、乗り過ごしそうになる。
一番乗り過ごしそうなのは『浅田次郎』、いや正直読んでいて乗り過ごしたこともある・・・
内田百閒は、大学のときに気に入って読んだ。
久しぶりに手に取った『百鬼園随筆』は、数ページずつの話なのだが、その口調は
ひとりごちているかんじなのに、なぜか共感し笑えてしまう。
百閒の視点・視線が、私が面白いと思うものと重なっている。
電車の中でも、つい、にやけたりくすくす笑ったりしてしまう。



CDの方は、以前も借りたことのある作品で、確かMD(もしくはテープ?)にダビングして
あるはず(苦笑)当時は、MD!スゲ~小さいじゃん!って感じだった。本当に。
そして、私が馬頭琴を身近に聞いたはじめてのときの音源も、テープだ(笑)。
そ、そ、そして今も『ダブルのCDラジカセで聞いている。
ダブルのCDラジカセ!!(ほぼ死語・・・知らないヒトのためにいうと、
テープが二本ぶん、そしてCDとラジオが一台におさまっているもの。ラジオからテープ、
CDからテープはもちろん、テープ同士のダビングもできる、スバラシイ文明の利器。)
[PR]

by dimanamana | 2008-05-14 19:31 | 楽しいこと。