<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

馬頭琴レクチャーコンサート。

土曜日は朝日カルチャーセンターにて馬頭琴とギター、
ホーミーのコンサートを聴いてきた。『スーホの白い馬』の朗読に
合わせた演奏もあって、盛りだくさんだった。


馬頭琴の横田先生はよくギターとのデュオで小学校で演奏しているそうだ。
小学校2年生で『スーホと白い馬』を習うから、それに合わせて呼ばれるようだ。


演奏会は、ホールではなく、朝日カルチャーセンターの大き目の部屋で
開かれた。普段はダンスなどに使っているのではないかと思われる、大きな
鏡のある部屋だった。

ギターと合わせるせいもあるのか、馬頭琴の音はマイクで拾い、
ギターはアンプにつなぎ、歌もマイクを使っていた。自分の経験と
してはホーミーは生歌、馬頭琴もわざわざエコーを効かせるわけでもない、
わりとそぼくな感じの音の演奏を中心に聴いてきた。(もちろん、光が丘での
屋外での演奏などは、マイクを使っていたが・・・)


そのせいか、はじめのうちはちょっと『現代風』というか、不思議な感じがした。
(エレキバイオリンみたいな衝撃!?→どんな(苦笑) とでも言おうか・・・)
特に馬頭琴のエコーが・・・
私のイメージとしては、きっと草原の中で弾いたら、余韻ゼロ?ブチ…と音が
切れるか、逆にやまびこみたいにちょっとあとになって聞こえてくるとか…
と思っていたからなのだが。


でも、ギターのサカキ~さんの、なんとも細かい調節で!!!!!
横田先生の馬頭琴はもっともっとふくよかになったのだった。
(おデブになったのではない!!)
何本の矢で射られたとしても、大好きな、本当の飼い主の少年の元に
駆けてくる、そんな一途な馬の姿が、そしてモンゴルの草原が、
真っ青な空と、日焼けした子どもの顔が・・・より鮮明に目の前に広がった
のだった。(子どもの顔が広がったんではない!)


ホーミーや歌を披露してくれた叶高さんも、明るい温かい声で。
ホーミーも、「難しくないよ、やってごらん」的な大らかさで、みんなにやらせて
くださったし。


馬頭琴の横田先生の演奏に、指使いや弓使いに気を取られてしまう
こともしばしばあったが「いかんいかん、目で楽しむんじゃないよねえ~」と
『生徒目線』を封印~・・・と思ったら、やはりさかき~さんに目を奪われた。


ギターのサカキ~さんは、これまたなんともいえない温かい優しい音を出す。
横田先生は『伴奏者として、本当にスバラシイ』とおっしゃっていたが、
その通り、メインの演奏者の演奏を引き立て、盛り上げ、しかし決してでしゃばらず。
そして先ほども書いたがエコーやボリュームの細か~~~~い調節は、
きっとその心遣いをもってすれば何のことはないのだろうが、こちらとしては
感動モノだった。


音を『増幅する』って・・・作り変えるって・・・

とちょっとうがった見方をしていたし、歌だって、安易にマイクを使って歌っちゃうの
ってどうよ?と思わないでもないものだから。


でもでも、本当に今回の演奏会の収穫は、
デンキ使うのもいいな。(笑)ってことで。


本当は、「何か質問は・・・?」と横田先生が観客に向かって聞かれたときに
さかき~さんに色々お聞きしてみたかったのだけど・・・ちょっと恥ずかしくて(笑)
ギターの右手・・・ふっくらと何かを包んでいるような丸みをもった、その手の
中には、なんでしょう、ひよこでもいるんでしょうか?だから、そんなに温かい音がする
んですか?

ナンチャッテ。
[PR]

by dimanamana | 2008-04-28 15:26 | 楽しいこと。 | Comments(6)  

催事!

西武百貨店 池袋本店の 『味の逸品会』は4月17日(木)~4月30日(水)、
もちろん551蓬莱/豚まんも!!
蓬莱は前後半ともに出店とのコト、でも混むだろうな~、GWは(^^;)

そして
京王百貨店新宿店は 『沖縄展』
今流行の(?)石垣島のラー油も お一人様一本までで(笑)
こちらは23日(水)までです。
[PR]

by dimanamana | 2008-04-19 10:03 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

菜の花。

b0046200_21283558.jpg

冷蔵庫で咲いてた(^_^;)
[PR]

by dimanamana | 2008-04-14 21:28 | Comments(2)  

エキナカ・・・

grafによる「エキタマ」がJR田町駅に誕生 | ライフスタイル | エキサイトイズム
田町も!
でもこれはちょっとおしゃれ・・・行ってみたくなった(^^;)
[PR]

by dimanamana | 2008-04-08 09:38 | 楽しいこと。 | Comments(4)  

夜桜。

b0046200_13191452.jpg

b0046200_13191458.jpg

近所の遊園地、『としまえん』は
桜の時期にいつも夜間無料開園しています。


もちろん夜桜もきれいだけど、やはり照明の
点いたメリーゴーランドがいい。


地球の環境的には賛同できないが(苦笑)。
[PR]

by dimanamana | 2008-04-07 13:19 | Comments(4)  

本を三冊。(その二)

つづいた。

こうして今も、ガムランを聞きながら書いている~。
『魅せられた身体―旅する音楽家コリン・マクフィーとその時代』は後のこり100ページほど。ああ、終わらせたくない・・・
(小説は終わるのが惜しい!と思って、・・・でも読んでしまうのだが)





色川さんの本は。
実はこれも初めて読んだ。NHKの『知るを楽しむ』で柳美里さんが
紹介(?)していたのだが、他の本も読んでみたくなった。
あえて感想は書きません。本のタイトルが離婚 (文春文庫 (296‐1))だったので、
食卓においてあるのをダンナが




チラ・・・

と横目で見ていた。(チラッ、じゃなくて、なんだか視線に余韻があるような 笑)





そして日本語の本は、仕事関係で。
日本語と日本思想―本居宣長・西田幾多郎・三上章・柄谷行人
まだ、著者の言いたいことがつかみきれていない・・・。
むむ。
[PR]

by dimanamana | 2008-04-05 22:50 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

本を三冊。(その一)

この年になって、初めて本を三冊平行して読んだ。(いや、読んでいる・・・)

結構イッキ読みをするタイプなので、(途中でやめられないだけ!)
平行して読むことはなかった。大学のときも、卒論ではなく『卒制』だったので
なにか文献をいっぱい(→・・・あほな表現だなあ)読まねばならない状況に
なったこともない。(その代わり、作品を平行していくつも作る・・・ということはあったが)


今回は、三冊平行して読んだ!なんて言っているが実は三冊とも全く
タイプの違う本だからできた「芸」(私にとって)である。


一冊目:色川武大 『離婚』
二冊目:小沼純一 『魅せられた身体』
三冊目:浅利誠  『日本語と日本思想』


平行して読む結果になったのにはわけがある・・・
二冊目の『魅せられた身体』・・・知っている方の紹介で読み始めたのだが
この本は、バリ島に見せられたカナダ人音楽家の『軌跡』について書かれていて
その時代の他の作曲家や国の状況などもあわせて解説されている。


知っている方の紹介で読む、初めて読む作家の本・・・


お見合いじゃないけれど、紹介されたこの人・・・
この人はどんな方なのだろう?とその彼の話す内容もそうだが口調や
話の進め方にも気を取られて、品定めじゃないけれど、まだ
探り探り読んでいる感じ。


イッキ読みの私には今までありえない。初めて会った人でも、
どちらかというとその相手の話に身を乗り出し「それでそれで」
と急かしてしまうタイプなのだ・・・。(イカンイカン・・・)


そして今回の彼(笑)は、ゆっくり知りたいの(→アホか)

ということで、わざと途中で本を閉じて、今日の話を思い返したり。


バリ島の音楽、ガムランの話もたくさん出てきて、ますます
バリに行きたくなった。
(つづく)
[PR]

by dimanamana | 2008-04-05 22:37 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

原稿用紙。

2年ほど前、通信教育で文章講座なるものをやってみたことがある。

お題が出て、原稿用紙2枚に書くのだが、その6ヶ月を終えた後も
時々ワードの(笑)原稿用紙を広げて短文を書いてみるのだが。
今年は、『音楽』というしばりで100本くらい文章が書けないかと
(ある意味、自分のなかの音楽体験の棚卸としての記録で)
原稿用紙に書いたものをコピペしてみたのだが、どうも何かヘンダ。ということに
気がついた。

ブログの書き方に慣れてしまったみたいなのだ。
原稿用紙のように、詰めて書いて、文字数が多くなったりすると
削ってみたり言い換えたり、言い回しをシンプルにシンプルに・・・と
色々考えるのだ。

もちろん、ギッチリ詰めて書く学校時代の作文のようなスタイルではなく、
作家の先生方のような、見開き状態をイメージしての行のあけ方などを
考えて書くやり方もあるのだろうが、原稿用紙での作文のいいところ・・・
字数制限や改行などを考えてしまっていた。

それに対してブログはナントナク冗長に感じるような言い方のほうが、
自分の気持ちが伝わるような気がしてしまう。
それに、行間も好きにあけられる。



せっかくブログに書くのだから、
自由に、見た目も気にして(笑)、棚卸をしよう!と思う。

私の浅くて数少ない引き出しから引っ張り出してきた話に
どうぞお付き合い下さいね・・・(モチロン読み飛ばしも !)
[PR]

by dimanamana | 2008-04-02 19:28 | 楽しいこと。 | Comments(2)