<   2005年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

「新人」さんへ。

今日で三月もおしまい。明日から四月。新入社員さんたちも出勤することでしょう。
明日の通勤電車はゲキ混みか!?

さてさて
先日銀座松屋へ「日本のおしゃれ」展を見に行きました。帯留めや着物、帯、半襟などが数多く展示され、大変(私にとっては)興味深いものでした。個人のコレクションとしての帯留めは、特に力を入れて展示されており、見に来たお客さんたちも興味を持ってみているようでした。客層としては、やはり「和」関係・・・お茶かお花か、着付けか・・・といった、「お師匠さんと弟子」のグループが数多く見られました。お師匠さんは年齢がいっているので早くもお疲れで、着物などの展示をぐぐっと寄って見てはフラつく・・・といったご様子で、もう少し多くソファやイスなどの休める場所を作ってもらいたい、と思いました。

私は母と出かけたのですが、見た後に仕事に行かねばならなかったものの、少し時間があったためアンパンで有名な「K村や」(バレバレ)に行きました。

そこで、シナモンロイヤルミルクティーとカプチーノを頼んだのですが、
私たちが注文する少し前に6人組のおば様がたなどのオーダーが入ったのもあって
なかなか飲み物が来ません。なんと・・・結局20分待たされました。
これは反省ですが、私も私で、さっさと出来るスターバックスやドトール系のカフェに慣れてしまっているせいか、「なぜこんなに遅いのか?」と疑問に思ってしまいました。これならそういうチェーン系に行ったほうが良かったのですが。


しかし私がここで書きたかったのは。

若葉マークのバッジをつけている、飲み物担当のキミ!!!!!!!!

「飲み物の作り方マニュアル」を見ながら、え~っと・・・これは・・・とグズグズ作るのはやめなさい。若葉マークをつけてるからいいだろう、というのはダメです。仮にも店に出ているのだから、お客にとってはプロも新人さんも「お店の人」でしかないのです!
これは、私が会社に入ったときに言われた言葉でもあります。
お客さんに自分の会社の商品を自信を持って説明できなければ、例え新人であれ信用を失うことになるのだ、と。お客さんにとっては、私たちは「この会社の人」でしかないのだから。
例えバイトであれ、お店に出るのなら「メニューの作り方を覚えたい」とでも何とでもいってマニュアルを持って帰ってでも暗記しろ!!企業秘密なら、会社に残ってでも覚えろ!!と言いたいです・・・。友達は、某ドーナツチェーンのバイトだったが、数日ですべての種類を食べて味の説明が出来るようにしたぞ(させられた、のかもしれないが)。そして先輩のあなた(かなりおじ様だったが・・・)。ワカモノに嫌われるかもしれないが、是非しごいてやってほしいです。みんな、ガンバロウ!


なんて、
自分も今はヒトに「教える」仕事をしているのですが、キャリアの短さを甘えにしないように努力しなければ、と改めて思います。そういう意味でも、4月は毎年、新人だった頃の自分を思い出すいいきっかけの時でもあります。
[PR]

by dimanamana | 2005-03-31 18:43 | 世の中。 | Comments(4)  

メール私語。

いま、中学高校や、大学、そして日本語学校でも授業中のメールが問題になっているようです。
そんななか、このような記事を見つけました。
MSN-Mainichi INTERACTIVE 教育ニュース
ICT教育:「メール私語」など多彩な発表


これまでメール私語についての研究は少なく、アンケート調査など量的な分析が中心だったと指摘、「それらの研究は、教員からの視点で行なわれ、私語は問題だという前提から進められている」と述べて、「生徒の視点から、量的でなく質的な分析、特に教室という空間の考察が課題ではないか」と問題提起した。

まあ・・・「私語は問題」でしょうね・・・。発表者などの話を聞いていないで個人的な話をする、という状態が「私語」でしょうから。
松下さんは3人の女子高校生に聞き取り調査を行なった結果を報告、女子高校生が「ケータイは不可欠なアイテム」「メール私語をしていても(口頭のおしゃべりと違って)授業は進む」「授業がつまらないことからの逃避」「返事は早く返すという必要性から」などの意識を持っていること、さらに「メール私語をしていても授業について行けるという能力の誇示」「禁止されていることをやるハラハラ感を楽しむ」というメール私語に独特の意識もあると報告、「メール文化が形成されているように見える」と述べた。

・・・って、データは3人の女子高生、というのが気になりましたが(^^;)知り合いかい?!とつっこみたいのをガマンして(していないか(^^;))
私たち(昭和40年代生まれ?)の時代は、授業中に小さく切った紙に色々書いて、友達に投げたものでした。これもある意味、授業中の私語だったわけで、当然見つかった場合は先生に読み上げられたり取り上げられたりしたものです。もちろん、上に書いてあるような「ハラハラ感」や「早く返事を」というのは同じ。

昔は、メッセージを書いた、丸めた紙切れを投げる相手は教室内の友人でしたが、現在はそれが学内・学外を問わず、という状態ですね。小さい画面を見つめメールに夢中になっている姿はちょっと「ヘン」に見えるからか、紙切れを投げた思い出を忘れてしまったのか、

「イマドキのモンは」

に近いものを感じました。メール私語をする環境の調査もしたらどうか、と思います。紙切れを投げた先生の授業と、投げる暇もない授業・・・何かが違いましたよね。
それに、
女子高生3人だけじゃなくて、もっともっとデータを取って、研究を続けてください!
[PR]

by dimanamana | 2005-03-31 17:50 | 世の中。 | Comments(0)  

サマータイム。

asahi.com :朝日新聞 be-business テーマ:サマータイム
省エネ・経済効果に疑問


私は、サマータイム反対派です。

仕事相手であるカナダ人やオランダ人、オーストラリア人の皆さんとも話しましたが、
彼らも「日本人なら、サマータイムの一時間分、余計に働くだけではないか」と
思っているようでした。省エネ効果があるかどうかは、私も疑問です。
一時間早めたら、朝は「涼しい」か、というとそうでもないし、
ちゃんと時間に上がって帰ることができる人がどの位いるのか・・・

カナダに住んでいた頃は、夏の夜が長くて驚きました。
サマータイムがなければ、夜10時過ぎでもまだ明るかったかもしれません。
(そう、サマータイムで時間をずらしても、夜9時でもまだ明るい感じ。)
夜はアパートのバルコニーから町を眺めたり、「散歩」というか、ふらふら
歩きに出かけたり、夜に映画を見に行ったり、夕食を自宅で取ったあとに
カフェや本屋に出かけたり、と、やたら『時間がある』生活をしていました。
それは、もしかして「職場環境」もあるかもしれません。
ダンナの同僚はほとんどが「ベルさっさ」(笑)で、もちろんそれに罪悪感はない。
帰宅後もまだ明るいから、色々なことができるので、余計に早く帰りたくなる
のでしょうね。


一時間ずらすなら、冬を一時間遅くして欲しいなあ・・・
まだ暗い間に起きて、さ、さむい・・・布団から出たくない・・・なんて
思うことも少なくなるかも??

消費電力を減らすなら、渋谷や新宿、秋葉原などの「ネオン一斉消灯Day」を
作ったらどうでしょう。きっと暗くなって、星もよく見えるだろうなあ。
私のうちの消費電力を減らすには・・・

1.パソコンの使用を控える
2.テレビの録画をむやみにしない
3.BGMをかけない
4.早く寝る
5.レンジで解凍しないで、使う予定を決めてあらかじめ冷蔵庫などで解凍する

くらいかな??
[PR]

by dimanamana | 2005-03-27 11:41 | 世の中。 | Comments(14)  

日本国内でも。

私は夫の実家に対するカルチャーショックを感じたことがあります。
外国人と結婚しているお友達などは、本当にそれを感じるでしょう。
でも、日本国内でも、地方地方の習慣によって「え・・・そうなの・・・?」と(お互いが?)
感じるのです。

私の一番のカルチャーショックは、お正月のおせち料理を年内に食べてしまうこと。
姑が、「ウチはあまりおせち料理を作ってこなかったのよね・・・」というので
私が本やメモ持参で帰省したことがあります。ごまめから黒豆、紅白なますや
くりきんとん・・・と、自分が好きなこともあって「これで(少しでも)楽しいお正月が
迎えられる」と一生懸命作ったのですが、
ななななんと、
31日のバンゴハンに、「じゃ、いただきましょうか」と、おかずのように並べられて
しまいました。

私のイメージは、
1、まずは年が明けてから
2、きちんとお重に詰めたりキレイな器に盛ったりして
3、「今年もよろしくお願いします」などの言葉と一緒に
4、「なますの大根が太いな~」「それがいいんじゃん(^^;)」などと
笑いながら食べる・・・

というものだったので、「おせち」を、年内に食べるのとか、タッパーからそのまま
食べるというのがショックで、口もきけませんでした(ちょっとウソ)。
今でも涙が出そうです。しかも、お雑煮は「ごった煮」で、全然めでたくないじゃん?!
と・・・(笑)

でも、よくよく聞いてみれば、ウチの姑の実家(もともとは新潟)では「年取り」
といって年内にお祝いをするのが「ふつう、あたりまえ」だったのでした。信州
あたりにも年内にお祝いをするところがあるようですね。
今では姑が私の真似をして作ったおせち(笑・・・私の味がいや?)を年内に
頂くというのが当たり前になっています。でも、年が明けてから、
関東風のお雑煮を頂く、というのが夢です。ちっぽけな夢(^^;)


トラックバック先にコメントを下さったhal's mamaさんが
>たらこやすじこが、冷凍庫に常備されているのには驚きました。
と書いてくださいましたが、・・・え?うちも常備されています・・・ひと腹ずつラップに
くるんで・・・数の子は松前漬けのためにこれまた保存してあります(笑)
慣れは恐ろしい・・・。
[PR]

by dimanamana | 2005-03-21 11:45 | 世の中。 | Comments(9)  

お花見の雰囲気。

ブログのスキンを変更しました。飽きっぽくて割とよく変更するのですが、、、(苦笑)
昨日今日と仕事がなかったのでラッキーでした。二日間ごろごろして、だいぶ良くなった
ような・・・

皆さんは風邪のとき、どんな対処をするのでしょう・・・大根?玉子酒を飲む?
ネギをのどにまく?とにかく早く寝る?

以前の私の上司は、「なぜか子供用の風邪薬(ドリンク)と、栄養剤(これまたドリンク)を
同時に一気に飲むと効くんだよ~」と、周り中に言っていましたが(笑)
なんだか危なそうなので、わたしはやっていません。

私の場合は。
風邪がひどくなる前や、疲れているときに「うめしょうばんちゃ」がいいです。
カラダに染み渡る感じがします。
濃い目に入れた番茶に、梅干と、お醤油をいれます。これだけです。
でも・・・ひどくなったときにはやはり薬を飲んじゃいます・・・
もし、良い対処法がありましたら、皆さん、教えてくださいね。
[PR]

by dimanamana | 2005-03-17 18:30 | 楽しいこと。 | Comments(6)  

DEAN & DELUCA

b0046200_1003999.jpg
DEAN & DELUKA 品川店 ベーカリーのパンです。
色々なパン屋さんのを日替わりで出しているみたい。
私は品川に行くのは毎週金曜日なので、いつも同じ品揃えなのかと思っていましたが、どうやら曜日によって、お店が違うみたいです。


これは先週の金曜日に買ったものですが(もちろんすぐ食べちゃいました)、
どうやら私はこの日は「しょっぱいもの」が食べたかったよう。(自分のことですが 笑)
手前のプレッツェルはムチムチで(形はいまいち?)。向こうに見える細長いのは
くるみの生地にベーコンチーズ、というのと、グリッシーニ(塩)です。
買って帰ってきて、かぶりつく前にパチリ(^^)


美味しい食事は幸せを運びますね♪
・・・となぜ今書いているかというと。

実は、風邪をひいてしまいました・・・バンゴハンに煮物を作ったのですが、
どうも味が分からず(笑)私「・・・これ、もしかしてしょっぱい?」夫「うん、、、」
しかもうがいをしただけなのに、水の味をすごく苦く感じた(ような気がした)ので・・・

当たり前に美味しいものを美味しいと感じられるって、実は幸せなことなんだなあ
と痛感したのでした。
[PR]

by dimanamana | 2005-03-16 10:00 | 美味しいもの。 | Comments(5)  

ジェイ ピリオド。

きゅーさんのブログ「図書館ばなし」の桜もちにトラックバック。・・・厳密に言えば、コメントにトラックバックさせていただきます。

桜餅がのせてあるお皿がジェイ ピリオドのものということで、
自由が丘ので仕事を終えた後にちょっと寄ってみました。場所は、
自由が丘駅すぐの無印良品の、右の通りを入ってすぐ。無印の裏手です。

先にウェブサイトを覗いていたので、「おお、ホンモノはこういう感じかあ・・・」と
思うものもありました。桜色のガラスも、写真も美しいですがホンモノは思ったより
かわい過ぎなくて、渋い食器ばかりそろってしまった、というお宅にはいいかも?
と思いました。他の食器類も、シンプルながらちょっとかわいらしいところもある
ものが多かったように感じました。

sasonal collectionの、平燗瓶も、形がいい。


気になったのは入浴剤。削られたかつお節みたいな(笑)姿の木屑が袋に
入れられているものですが、2,3回は使えるようです。ポリの浴槽ながら、
ヒノキ風呂を楽しめる、ってことですね。くら~くして入りましょう♪

so-netのオンラインショップもあるようなので、どうぞ覗いてみてください。
[PR]

by dimanamana | 2005-03-16 09:55 | 楽しいこと。 | Comments(2)  

紅茶と蜂蜜。

先日、差し入れとして両親と妹から紅茶と蜂蜜をもらいました。
b0046200_22215291.jpg
レピシエの、
バニラティーと、ティーハニー。両方とも、モーリシャス島と書いてあります。

b0046200_22215570.jpg
イラストもこんな感じののかわいいものです。
レピシエは、ちょっと普段自家用として飲むにはお高いかな・・・と思ってしまうのですが
こうして、差し入れを豊かな気持ちで(笑)ありがたく頂いています。

レピシエの、紅茶専門「テイエ」のサイトを見ていたら、どうやら、このバニラティーの缶は限定のようです。ティー自体も数量限定のよう・・・限定がお好きな方、急いで!!

本当にいい香りで、コクがあり、「ミルクティーにオススメ」とありましたがストレートでもいけます。蜂蜜は癖がなく、今朝はヨーグルトに無農薬りんごを切って散らしたあと、上からとろ~り・・・とかけました。ほんとに美味しかった♪くまのプーさんのように、ビンに指(手?)を突っ込んでべろべろしたいくらいでした(笑)
[PR]

by dimanamana | 2005-03-09 22:21 | 美味しいもの。 | Comments(15)  

インフルエンザ。

MSN-Mainichi INTERACTIVE 食
鳥インフルエンザ:発生から1年 官民一体で生産立て直し


すっかり、鳥インフルエンザのことを忘れていました。

昨年の各発生地では、清浄性が確認されるまで一定範囲内の鶏や卵の移動が制限されたため、生産者は大きな影響を受けた。また、学校給食から鶏肉や卵が排除されたり、小売店での消費者の「鶏離れ」が加速。国などは盛んに「食品としては安全」とPRしたが、「小売り不振は長引いた」(農水省)という。

とのこと。

牛肉も、輸入のものは制限されているので、国内産のものががんばったに違いない。
また、鶏肉も不振が長引いたということは、豚肉が伸びたのだろう・・・どのくらい
消費が増えたのかのデータ、ないのかな・・・?
[PR]

by dimanamana | 2005-03-07 00:34 | 美味しいもの。 | Comments(4)  

黒糖パン。

b0046200_11225870.jpg
半分残しておいた、りんご酵母を使って、小麦粉140に対して黒糖を15グラムを入れた「黒糖パン」を作ってみました。りんご酵母はちょっと発酵しすぎのよう(^^;)で、以前単発のパン教室の先生がおっしゃっていた「一つまみのイーストを、『酵母のお手伝い』として加えてあげると成功しやすいわよ」というお言葉を思い出し、、、こっそり(^^;)加えてみました。

結果は・・・?

気泡がまちまちの、ちょっと見た目がアハハなパンになりましたが、焼いているときもイーストの強い香りはせず、仕上がりの味も期待通りの「黒糖」で、二重丸でした。
[PR]

by dimanamana | 2005-03-04 11:22 | 作ったもの。 | Comments(6)