<   2004年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

キャンディ~。

b0046200_1151765.jpg
アメリカのキャンディをもらいました。といってもしばらく前のことでしたが…
多分、ハロウィンの。
グリーンアップル味でしたが・・・かなり人工的な味!
[PR]

by dimanamana | 2004-11-27 11:05 | 美味しいもの。 | Comments(2)  

近所の小学校。

b0046200_17233481.jpg
桜の葉もだいぶ散りました。
朝、用務員さんが一生懸命落ち葉を掃き集めます。
青い空!
[PR]

by dimanamana | 2004-11-25 17:23 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

これが「さつまはん」。

b0046200_10205691.jpg

先に、下にある箱根湯本での話をよんでいただければわかりますが・・・これだけ見たら「なんのこっちゃ?」ですね。

半分食べちゃいましたが、美味しかったですよ!オススメ。
箱根湯本ホテルのベーカリーは人気があるみたいですね。
箱根湯本ホテル 箱根ベーカリー
[PR]

by dimanamana | 2004-11-25 10:20 | 美味しいもの。 | Comments(0)  

富士山。

b0046200_944046.jpg
箱根湯本の温泉に行って来ました。

ケータイの写真はあまり上手に撮れませんでしたが・・・

朝、早めに車で拾ってもらったのですが、都内から高速に入るまでに、けっこう時間がかかってしまいました。高速に乗ってからは順調!

まず温泉に入って、ゆっくり~
・・・つかりすぎてちょっと湯あたり(^^;) 温泉は、すきなのだけれど、カラダに合わない、というか上手に入れないのです。しかも車だったのでちょっと車酔いも入って、フワフワした感じ。

何だかんだいって、2時間近く温泉にいました。温泉は天山湯治郷の、
ひがな温泉 天山
です。

さてさてお次はお昼ごはん。天山近くの「暁庵」。「暁亭」のおとなりです。なぜか「みのもんたさん推薦」と書いてあった・・・。けっこう雑誌にも取り上げられているようで、お店の中にいくつか雑誌の切抜きがありました。温かい梅そばセットにしたのですが、ちょっとおつゆがおしょうゆが濃いというか、しょっぱい感じがしました。だしの味、というよりも。きっと、「そば」の味を大切にしているのでしょう。

でも、自宅でよく、梅わかうどんやソバを作るのですが、(わか、はワカメのわか、です。)梅干がしょっぱい分、すこしおつゆの塩を控えめにしているのです。これは、とろろ昆布を入れるときも同じなのですが・・・おつゆはきっと、梅専用のものではないのでは・・・?な~んて、素人がちょっとコメントしてみました(^^;)

このおそばやさんの駐車場に、箱根湯本ホテルのパン屋さんの出店があって、もちろん品数は本当に少ないのですが、オバちゃん(!失礼)がなんとも素敵なお方でした。
「も~、みんなお蕎麦でお腹いっぱいになっちゃって、帰りになんて買ってくれないんだからあ~」と愚痴ったり!?もちろん、私たちは買って帰りましたよ~!

写真はありませんが、カレーパン120円、、くるみパン230円、それから「さつまはん」・・・薩摩藩?200円。さつまはんは、ちょっと甘いサツマイモの生地、上に塗ってあるバターがしょっぱくて美味しかった!カレーパンも、フランス系の生地に、ひき肉+豆のカレーで、適度に辛くて(スパイスの味が効いている感じ)大満足。オバちゃん、ありがとう!


昼食後は、黒卵のところまで上がって、(気分は「硫黄のニオイ、もうだめ~・・・」)
たくさんの人が黒卵を食べているのを観察し。写真はここで撮りました。
足の悪そうなおばあちゃんもがんばって登っていて、大変そうでした。
帰りには芦ノ湖半の山のホテルのカフェサロン・ド・テ  ロザージュ でお茶。さすがにどのケーキも美味しそうでした!(が、食い意地の張っているさすがの私も、お茶だけに。残念!)リンクを見ていただければ分かりますが、「ドレッサージュ」、焼いたアップルケーキにバニラアイスをのせたものは、その場でカスタードクリームなどでお絵かきをして飾りつけをしてくれます。

は~幸せな一日でした。でも、この肩こり、治らないな・・・われながらちょっと心配です。
[PR]

by dimanamana | 2004-11-25 09:44 | 体にいいこと。 | Comments(0)  

辛味納豆蕎麦

b0046200_13284024.jpg
竹芝にある「越後叶屋」でランチを食べました。
築地や五反田、市ヶ谷にも支店があるみたいです。
辛味納豆そばは、思っていたより辛くなく一味唐辛子をを足して食べました。
ひきわり納豆のほか、納豆昆布、温泉たまごがそばの上にのっていました。
つゆが少ししょっぱかったけど、お味はまあまあでした。
越後と銘打つだけあって、新潟の日本酒が揃っています。
「飲み比べセット」などもあり、お酒好きの方にはいいのではないでしょうか?
[PR]

by dimanamana | 2004-11-20 13:28 | 美味しいもの。 | Comments(2)  

バナナもアレルギー表示へ 06年から奨励品目に

16日のニュースでしたが、バナナもアレルギーを起こす可能性があるとのこと。
Excite エキサイト : 社会ニュース
バナナでまさか、アレルギーなんて・・・
とちょっと思いましたが、影響がある人が多いんですね、表示されることになりそうです。
現在、厚労省が表示を義務付けているのは卵、乳、小麦、そば、落花生の5品目。
チョコレートのパッケージに、よく「ピーナツを使用した機械のある工場で作られています」のような表示がありますが、それと同じようにたとえば「バナナを使った・・・」とヨーグルトなどのパッケージに表示されるんだなあ。

アレルギーがない人は、「そんなのどうでもいいじゃん」と思うかもしれないけれど
アレルギーによって呼吸困難になって生死にかかわる、ということになる人を
少しでも減らせるなら、やはりこういう表示をすることは大切じゃないかな、と思います。
それに、アレルギーは、そのものを食べたらなるだけかと思っていたのが、
近くで扱っている機械があるだけでも影響があるんだ、と分かったり。

バナナを食べて、調子が悪くなる人、もしかしたらアレルギーかもしれませんよ!?
[PR]

by dimanamana | 2004-11-19 20:03 | 世の中。 | Comments(0)  

今度はニワトリのコレラ、、、

この間はニワトリのインフルエンザ、たぶんまだ続いていて、この半年になくなった方もいたはず。

今度はニワトリ・コレラ、全米に蔓延の懸念 - nikkeibp.jp - 医療
今度はニワトリ・コレラ、全米に蔓延の懸念
2004年11月16日 09時57分
カナダのユタ州にあるGreat Salt Lakeで、約3万羽のハジロカイツブリが家禽コレラに感染して死んだ。米地質調査所(USGS)全米野生動物健康センターの研究者たちは、11月12日、冬期に南に渡る鳥たちによって、家禽コレラが米国に広まるのではないかという懸念を発表した。



(日経バイオテク・オンラインから)



◎日経バイオテク・オンラインは、バイオテクノロジー分野の最新ニュースを提供する会員制の有料サービスです。nikkeibp.jpではその一部をご紹介しています。

・・・カナダの「ユタ州」って一体・・・どこ・・・(苦笑)
この間までだんなが出張に行っていたところなので、ちょっと心配です。
食べた人は大丈夫なのか、とか。
[PR]

by dimanamana | 2004-11-16 19:35 | 世の中。 | Comments(0)  

りんご。

b0046200_16134623.jpg
道を歩いていたら、庭木のりんごに呼びとめられた…
気がしました。


真っ青な空に赤いりんご。小さいものでしたが、凛としていて、印象的でした。
[PR]

by dimanamana | 2004-11-16 16:13 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

恵比寿。

先日、妹とタイ料理を食べた。
恵比寿ガーデンプレイスのライトアップは既に始まっていた。
ああ~年末が近いですね・・・



ご飯を食べ終わって、恵比寿駅で解散。ホームにはビール片手のお姉さんが!!
さすが恵比寿!?ビールに寛容なお土地柄なのでしょうか・・・?
[PR]

by dimanamana | 2004-11-15 10:58 | 楽しいこと。 | Comments(0)  

子供の言語習得と大人の言語習得

毎日新聞のコラムより。
新米パパ2:
第24回 息子に学ぶ言語習得

MSN-Mainichi INTERACTIVE 子育てニュース
(引用はじめ)
最近のわが子の上達ぶりを見て、言葉の習得には内容なんかどうでもよいから、誤ることを恐れずにとにかくどんどんしゃべることが重要だ、ということを再認識させられたような気がする。
(引用終わり)
・・・ということなのですが。

私は、20代半ばで「英語で考える」という方式の英会話学校に約一年通ったことがあります。それは、よくある「英会話」スクールではなくて、絵の描いてあるフラッシュカードを見た瞬間、まさにフラッシュで単語を返す(たとえばライオンの絵を見たら考える前に「ライオン!」と口が言っているような・・・脊髄反射的?)、トコロからはじめる学習方法でした。
この方法は、「子供が言葉を覚えるように」がキャッチフレーズの一つでした。


確かに、子供が言葉を覚えるときは、え~っと、これは○○だから・・・などと余計なことは考えずにどんどんしゃべり、お母さんやお父さんに訂正してもらいながら、ああこれはこういうんだな、とか、こういうときには使わないんだなと「体得」していくように思うのですが、実際に「大人が言葉を覚える」時には、その環境や素質も関係してくると思うのです。


もちろん、この人が記事の最後に書いているように
「どんどんしゃべることが重要」ではあるとは思いますが、「子供のように」学ぶ、というのが必ずしも大人に当てはまるとは思えないのです。子供がお母さんやお父さん、身の回りの人たちに話しかけたり、「○○、って何?」としょっちゅう聞いてもきちんと(ある程度?)答えてもらえたりするような環境に常に大人があるか、というとそうでは無い様に思うのです。それに、言いたいことも複雑だし、早くその複雑なことを言いたいと思う・・・子供は、シンプルな欲求をシンプルな表現で言うことからはじめて、成長していきますよね。もちろん、うまく表現できずに泣いたりすることはありますが。

大人は言いたいことはたくさんあるけどその表現方法が見つからない!簡単な言葉を並べてみるけれど、そうじゃないんだけどとりあえずこう言ってみた・・・とか。でも簡単な言葉ばかりでは表現し切れませんよね。その私が行っていたスクールは、「まず簡単なことを簡単な、シンプルな言い方で説明できるように」という方針でしたので、それが身についてしまい(?)、今でも簡単な言葉で簡単なことは説明できるのですが、そこからのステップが難しいのです・・・大人の言葉を身につける方法も必要だと思うのです。
[PR]

by dimanamana | 2004-11-14 23:43 | 世の中。 | Comments(0)