2001年7月18日。

mrminaさんの「12人の使徒、再び」にトラックバック。
この岩がどういうものかは、リンク先をご覧下さい(^^)
b0046200_10122876.jpg

私が2001年に訪れたときにはこんな感じ・・・
この写真は、プリントされたものをケータイのカメラで撮ったもの
なので、見にくくて(醜くて?)すみません。

まさか岩が崩れ落ちてしまうなんて、そのときには夢にも思いませんでした。
でもよく見ると手前の大きな岩・・・の、手のようにチョコンと出ている部分が
何だか欠けそう!自然の力は大きいんですね・・・。

ちなみに7月、夏のようですがこのようにサム~イ冬でした。
寒いといってもフリースで充分なくらいでしたが(^^;)
[PR]

by dimanamana | 2006-11-16 10:12 | 世の中。 | Comments(6)  

Commented by mrmina at 2006-11-16 23:27
す、す、すごいのでしたぁ!
こんな身近に、崩壊前の姿を納めていた人がいたなんて!
いやぁ、こんなに立派だったんですね。。。。
Commented by dimanamana at 2006-11-18 11:01
>mrminaさん、こんにちは。
2001年なので、結構前ですね。だから、まさかこのおおきいのが
崩壊しているなんて・・・びっくりでした!
Commented by viva933 at 2006-11-19 23:06
おおお~~。
はっきり、見えますよ。雄大ですね~。
こんなに頑丈そうな岩でも、崩れてしまうなんて、
本当に自然の力は計り知れません。
もう、二度と見れない光景なんだなと、しみじみ~と拝見しました・
Commented by dimanamana at 2006-11-20 11:14
>vivaさん、こんにちは!
プリントされた写真を、ケータイ(数年前に購入・・・)なので
見苦しい写真ですが・・・岩が「ある」のは分かりますよね。
私も、自然の力は・・・と痛感しました。ニンゲンの力で壊してしまうのは
いただけませんが、自然の力でカタチを変えていくと言うのはすごいことです。
でも、「自然の力」に見えて、実は「温暖化による海面上昇」とかなんとか
だったらイヤだなあ・・・
Commented by mrmina at 2006-11-22 16:00
いやぁ、本当に貴重ですよね。
きっともっと後にはどんどん崩れていくのでしょうけど、
こればかりは仕方ないんだろうなと。。
manaluluさんも、機会があったら、今の姿も見てみてくださいね。
Commented by dimanamana at 2006-11-22 16:20
>mrminaさん、
そうですね!メルボルンはステキなところですよね!
このときは、知り合い(友達の友達・・・)に、車で連れて行ってもらった
上に、お家にまで泊めてもらって(^^)楽しかった。
次行ったら、もっと岩がなくなっていたりして・・・ちょっと怖いですね。
親子豚だったら、「誰かに食べられちゃったのかな・・・」みたいな(^^;)

<< クリスマス? 久々に。 >>