ゲームをするのは、患者じゃなくて。

ビデオゲームは手術に良い効果をもたらす | Excite エキサイト
タイトルだけ見ると、術後のゲームがいいのかな?とか
ダンスダンスレボリュー・・・なんかをやると回復が?なんて
想像してしまいましたが(^^;)どうやらやるのは『医者』らしい!
外科手術の前に「スーパーモンキーボール」のようなTVゲームを20分間プレーした場合、しない場合より素早く手技を終わらせ、しかもミスが少ないことが実験でわかった。

この実験は、ジェームズ・ロッサー博士が中心となってニューヨークのベス・イスラエル医療センターと米メディア家族研究所が共同で、医療トレーニングコースに参加している外科医303人を対象に実施した。外科医たちは、ゲームをして、切開した場所から極小のビデオカメラのついた腹腔鏡を入れるドリルを行った。

傷口の内部を腹腔鏡を使って縫合する「コブラロープ」と呼ばれる手技を行い、それを評価した。ロッサー博士は、コブラロープは「カメラのディスプレーを見ながら90センチくらいの箸で靴ひもを結ぶようなもの」と説明した。

スーパーモンキー・・・は、どんなものか知らないけれど、
ゲームコントローラーがまるで体の一部!のようなヒトをみると
「おお!」って思いますよね。タッチタイピングだって、キーボード見ないで
画面見ながらどうして打てるの!?と最初は不思議に思ったものです。

手術するお医者さんは、
体の一部になるくらい、腹腔鏡の道具で練習してもらいたい!ですね。
ゲームではちょっと不謹慎かな?とも思いますが、一般人も体験できる
ようにしてもらえれば、見ているほど簡単ではないこととか、失敗もありうる
とか、分かりやすいかもしれませんね。レベルとか検定とか作って、
お医者さんには、「黒帯じゃないと手術させません」なんてね。
ん?ゲームばかりやっていて、そっちは上手でも「ホンモノのカラダは
初めてで(涙)」なんていうお医者さんに手術されてもコワイかも・・・

なんて色々考えちゃいました。
[PR]

by dimanamana | 2006-06-06 17:25 | 世の中。 | Comments(6)  

Commented by halmamarin at 2006-06-11 10:06
確かに、コントローラーさばきが素晴らしい人って
「おおっ!」と思いますよね~。
私は、Aボタン(ジャンプ)を押すとコントローラーもジャンプし、
Bダッシュするとコントローラーだけでなく身体も右に移動する・・・
そんなタイプの女の子でした(笑) (@゜▽゜;A
でも、『医龍』を観てると、本当に腕の確かなお医者さんじゃないと
まかせられないわ・・・と、つくづく思いますね。ハイ。
Commented by mrmina at 2006-06-11 23:58
ついこの間、私の父が生まれて初めて手術をしました。
というか、私の家族では初めての大?手術だったので、
結局のところ、すべてを先生に頼らざるを得ない状況で。。。
ホントこんな私達にとっては先生の「腕」に命を託すしかないんですね。
ゲームで手術の効果が上がるなんて、、、
ゲームも違った視点で考えられていくかもしれませんね、今後。
Commented by dimanamana at 2006-06-13 22:21
>halmamarinさん、こんばんは!
うふふ、自分も動いちゃう・・・分かりますよ♪
飛んでくるモノとか、自分がよけてたり(^^;)(もちろんゲーム上では
やられてます・・・)
『医龍』、生きるも死ぬも、お医者さん次第!?と思ってしまいますね。
ほんと。いいお医者さんを見つけるのも大変です、っていうか、どうやって
見つけたらいいの~??「ホント」にいいお医者さん・・・。
Commented by dimanamana at 2006-06-13 22:28
>mrminaさん、こんばんは♪
そうですか、お父様のその後はいかがですか。
うちも義父が半年前に手術をしたのですが、これまた「ウデ」とは関係ない
「ココロ」の問題がありまして。
先生とどうも合わない、いや、はっきり言ってしまえば不信感バリバリで。
腕を上げつつ、「思いやり」の気持ちも持つことができるようなそんな
ゲーム(・・・ゲームじゃなくても良いんですけどね!)、医療関係者用に
開発してもらいたいものです。
Commented by mrmina at 2006-06-17 11:54
医療問題って、とかく技術やミスばかりクローズアップされがちですが、
ココロのケアについては本当に日本は遅れてますよね。
父の執刀医は、確かに腕もいいのだろうし、説明も細やかですが、
老人医療には向いてないなぁ、、と思いました。
話を切り上げるんですよね、老人は話が長いから、、という態度が
見え見えでした。。。まぁ、実際長いので仕方ないんでしょうけど。。
ひとまず、父は安定しております。。
Commented by dimanamana at 2006-06-17 16:59
>mrminaさん、こんにちは~!
私の担当医も、実はあまり・・・
前も書いた気がしますが、私は軽症なので「つまらない・・・」という
雰囲気が丸見え!なんです。月に一回行くのですが、ちょっと調子が
良くないときは、何だか嬉しそうです。調子が良いときは(といっても
データを見て、ですが)ホントに2時間待ち3分診療です。
おじいさんおばあさんは特にそうでしょうが、話を聞いてもらって
安心するってこともあるのに、と思います。
お父様、早く良くなるといいですね。

<< コーヒーの効果。 援助物資。 >>