またまた試写会。

あはは、平日の6時半から映画が見られるなんて。。。病気して仕事を休んでいる
意味があるのか!?
という自分へのつっこみはさておき(^^;)
見てきた映画は『シリアナ』という、ジョージ・クルーニーやマット・デイモンが
出演しているワーナーのもの。
ストーリーは、

もとCIA工作員が明かした衝撃の事実!


ってことで、巨大石油企業と中東の産油国、そして移民の労働者の話です。
二つの石油企業が合併しようとしているのですが、その企業同士のかけひき、
関わる弁護士、アドバイザー、中東の王様&王子様兄弟たち、
パキスタンから中東へ出稼ぎに来ているイスラム教徒・・・が
それぞれの思惑を胸に行動するわけです。
その巻き込み、巻き込まれているヒトビトの様子は、ちょっと映像的には
分かりにくいところもあったけれど、
『あらがえないような 大きいチカラ』と、それにあえて抗おうとしてしまう
小さいコマでしかないヒトが、グルグルと暴力の輪を作ってしまうんですね~。








「悪の枢軸」呼ばわりされた3つの国が
ありましたよね~。当時私は英語をイギリス人の先生に習っていたのだけれど
『これからアメリカはどうすると思うか?』という話になって、
『イランかイラクを攻撃すると思う!だって石油があるから』・・・と答えたのを
思い出しました。(当時は実際に攻撃するとは思っていませんでしたが。
話は逸れますがカナダの首相もアメリカ寄りに交代か。。。まじでアメリカと
合併したりして(苦笑)だってカナダも産油国。ん?もしかしたら攻撃されたりして、
いやそれはないか・・・ああ、もし合併?併合?するとしたらもちろんケベック州以外・・・)
[PR]

by dimanamana | 2006-02-19 00:15 | 世の中。  

<< 迷っていること。 函館空港。 >>