ガラマ マングローブツアー 3

テングザルをガイドさんやボートのおじちゃんが次々発見してくれる中、負けずぎらいの私は「くそー、自分で見つけてやる!!」と息巻いていました。
もともと目が悪く、コンタクトをしても0.9くらいですが、だんだん目が慣れてきて、「あっ、あそこ!」「そこにも!」と!!!!
コタキナバル行きの便の中で映画「マダガスカル」を見て、ライオン君が野生に目覚めるシーンが印象的だったのですが、まさにそんな感じ!?

でも、発見するのは早いのですが、いざ双眼鏡を手にすると、「あれ~、え~っと・・・」(苦笑)
(いつか、レーザーで近眼を治療したら・・・なんてネ)

海へ川が分かれて流れるポイントがあり、そこでボートは引き返すことに。
帰りは夕焼けで、またいい感じ。
b0046200_1154771.jpg

後発ツアーの人に、サルを見つけて「あそこ!」なんておしえてあげたり。
村の近くには、カニクイザルや、水牛もいました。
b0046200_11551033.jpg

こうしてUPしていると、機械に囲まれた生活が「不自然」に思われます。PCの前にいながら、何ですが・・・





b0046200_11571980.jpg

こんな夕焼けの中で、風を感じながらご飯を食べられるなんて幸せ!

b0046200_115712.jpgオクラのいためたものとか、不思議な味わいのとうもろこしとかマメ・・・鶏肉のぶつ切りカレー味


b0046200_11571664.jpgゴーヤの炒め物(ちょっと水っぽい)、スパイシーな味付けの鶏肉、ボイルソーセージと焼き魚

b0046200_11573460.jpg
パパイヤ(ニンジンじゃありません)、かき卵?玉ねぎみたいなのが入っていた・・・、キャベツの塩味炒め

お店のオバちゃんと話したかったのですが、他のツアーの方(中国系かな?)のビュッフェ形式ディナーの準備で大忙しだったので断念。それが残念です。
[PR]

by dimanamana | 2005-09-09 12:05 | 楽しいこと。  

<< ポーリン温泉 キャノピーウォー... ガラマ マングローブツアー 2 >>