いつでもどこでもお仕事。

「走行中もネット接続可能」、電車内で公衆無線LANサービス - nikkeibp.jp - IT
首都圏新都市鉄道、インテル、NTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)の3社は7月14日、8月24日に開業する「つくばエクスプレス」車内で公衆無線LANサービスを提供すると発表した。車内に無線LANアクセス・ポイント(AP)を設置し、乗客にインターネット接続サービスを提供する。停車時だけではなく、走行中でも通信が途切れないサービスを目指す。当初は実験として始めるが「早い段階で商用化する」(NTTBPの小林忠男社長)。


最近電車の中でノートパソコンをいじっている男性、女性を見かけるようになりました。
電車の中でメモを書いたり、ちょっとした仕事の準備をすることもありますが
パソコンだといかにも「お仕事」というかんじ。大変だなあと思っていましたが
通信もとぎれずにできるとなると、本当に「どこでもオフィス」みたいですね。
地下鉄では携帯で話している人は「・・・あれ?もしもし、もしも~~~~~し!!」と
電波が途切れて、周りの人は「(・・・ザマミロ 笑)」となるわけですが。

最近では飛行機の中でも通信可能らしく、
「ヨーロッパ出張の帰りの便で、ロシア上空あたりからレポートを送ることがある」
なんて言っていた人がいました。いままでは環境的に無理なこともあり、休む時間と
していたのに・・・それが許されない時代が来ているんですね!!びっくり。
シンガポールの空港から乗ったときは、日本につくまでにレポート?を書き上げる
サラリーマンを見て驚きましたが。

どこでも、って、いいような、悪いような。と思ったのでした。
[PR]

by dimanamana | 2005-07-15 09:37 | 世の中。 | Comments(0)  

<< ジャッキー エムandエム >>