話し合う。

日暮れまでに

マイケル・カニンガム / 岩波書店




「私たち、話し合うべきじゃない?あのことについて』
のようなセリフ、翻訳の本でよく見かけるが、話し合って解決!
する文化なんだな~と思ってしまう・・・
あ、でも最近は、『背中を見て学べ』とかはだめらしい、新人研修でも、
ちゃんと、コレをこうするのはこうだから、とか、将来こんなことに役立つから
コレをしてくださいとか言わねばならないとか。

日本の文学でも、『説明してちょうだい!』(これはワタシも言う 笑)
じゃなくて、
『話し合うべきよ!』というセリフがフツーになるのだろう・・・いつか。


なんだか、『話し合い』というと小学校の学級会みたいな。
えっと今日は~○○くんの・・・について云々・・・
大抵解決したことになる。していなくても。
[PR]

by dimanamana | 2014-04-21 13:01 | 世の中。 | Comments(0)  

<< 出版されてから一年以上経った今。 文豪。 >>