福島、フクシマ・・・

第二のフクシマ、日本滅亡 (朝日新書)

広瀬 隆 / 朝日新聞出版



途中、御用学者さんなどを罵倒する文も含まれるがそれもまた広瀬さんの
『それじゃダメなんだ!』という気持ち、文字では表しにくいところを
読者に伝えるためには必要なのか。

内部被ばくも、その設定された数値を再確認して、
『風評被害』の意味を考えたい。

除染しても、洗い流した汚れた水が海に流れ、プランクトンが食べ
小魚→中くらいの魚→大きな魚・・・などなど結局は高濃度になって
除染したはずが内部被ばく・・・というのには改めてああそうだったと
気付く。家の雨どいの下、滑り台の下が値が高い!と騒ぐのに
利根川をはじめ河口付近についてはどうか?もっと気を配らねば。


終息していないんだな~と改めて思っていたところ、『水漏れ』報道。
汚染水の貯水槽から水漏れして、移動させた先の貯水槽からも水漏れし
・・・ってえ?ビニールを何重にかして・・・ってもう見ただけでアブナイん
じゃないかって思うんですけど?!って感じているヒトも多いのでは。
まだまだ、どころか数千年先までかかる事後処理、さらに原発を作る
、そして輸出なんてホントどうするの・・・
[PR]

by dimanamana | 2013-04-09 18:46 | 世の中。  

<< 対話と会話。 『戦後史の正体』。 >>