『戦後史の正体』。

よくチェックしているブログの書き手さんがたが揃って『戦後史の正体』を読んだと書いていたので、新聞広告に出ていたのもあり図書館で借りる。

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)

孫崎 享 / 創元社



予約して一人待ったぐらいで借りられた。

もっとたくさんの人に読んでもらいたい。

北海道の人たち!(・・・と呼び掛けちゃったけど、日本全体の問題でしたね、東京に住んでいた時と、こっちではかなり温度が違うのは実感します)
北方領土が返還されないのは、アメリカのせいですって。・・・なるほどね。
ロシアが意地悪だからじゃないんだな。

彼らの思惑に、そしてまんまとその手に乗ってしまう日本にキモチ悪くなってくる。がっかりする。アフリカ各国の紛争も、イギリスが(わざと民族を分断するように!)引いた『線』のせいだったり、日本と韓国の間の小さな島の所有権だって、中国との間の島だって、このバタバタをみて『ウシシ…思った通りにケンカしてやがる』とほくそ笑んでいるのは誰?!「ねえ、アッチの思惑通りになるのはしゃくだから、仲良くしちゃおうよ?」ってできないかしら、悔しいもの!
[PR]

by dimanamana | 2013-04-08 09:43 | 世の中。  

<< 福島、フクシマ・・・ 自分メモ、本。 >>