原発。

北海道には泊原発がある。

幌延(ほろのべ)には『新地層研究センター』という名前の施設もある。

(赤ずきんちゃん風に)
へ~地層、研究してるんだ?なぜなの??
・・・それはね、『放射性廃棄物』ってやつを埋めちゃおうって思ってるからだよ・・・


公聴会でのやらせやお金のやりとりがあった云々は
きっとそれほど人々の関心を引かないのだろうな~と
思うような報道。スポーツで北海道のチームが勝つかどうかの方が
重要?!みたいな。

先日東京に帰省して、天気予報みたいに『今日の放射能レベル』が
流れてビックリした。毎日こんな『何何ベクレル』のUP/DOWNで
一喜一憂するなんて、私が思っているよりよっぽど東北~関東の
ヒトは大変だ。母も、『外に濡れた洗濯物を干したくない』とか
『北風の日は窓を開けたくない』とかで、しかも節電の中35℃以上、
ひどい時には40℃近い状態で過ごしていたのかと思うと、胸が苦しい。

老人だからといって『早く死んでもいいだろアナタたちは』といった
見方もあるようだけど、それは違います。

日本の原発、どこで間違えたのか

内橋克人 / 朝日新聞出版


2011年4月に第一刷、急いで作ったのかな?感(?)があるが
原発は『超』大急ぎ(マジちょ~~~急いで、というか)
で作ったことは通じた。

データの単位が分からないけど『内部被ばくの脅威』

内部被曝の脅威 ちくま新書(541)

肥田 舜太郎 / 筑摩書房


・・・だいぶ前に書かれたものだけれど、出版当時にたくさんの人に
読まれていたらどうだったか。
[PR]

by dimanamana | 2011-09-27 23:09 | 世の中。  

<< здравствуйте! tek toyさんの かざりあそび。 >>