家計簿…

家計簿が本屋の店頭に並ぶ季節。

以前はパソコンでエクセル→グラフにしてお金の出入りを管理して
いたのだけど、3年前に自分の入院(しかも二軒!二軒目ではトイレつきの
個室~!優雅・・・その時は駆け込みトイレが多かったのでちっとも優雅じゃ
なかったな!それに請求書見て目が飛び出たし)、義父が手術、一昨年には函館の
義父の看病のためのお手伝いに2,3カ月に一度ですが飛行機に乗るよう
になり、出ていくお金を数字そのものとして目にするのが怖くなり(苦笑)

そういう大きなお金以外の生活費だけでも…と思ったものの、引っ越して
この半年は特にさぼっています。

介護のための飛行機代は、JALの赤字の一部になっている(介護パスを
作っていたので ゴメンJAL^^;)のですが、ああ、今月もこんなにかかった
とか思いたくなかったので見て見ぬふりをしていました。逆にマイレージが
貯まったと喜ぶようにしていた(笑)でもよく考えてみれば、そういった『逃げ』
はつまりは『気にしている』こと以外の何物でもなかったわけで、本当に
『いくらかかってもいいから、お世話したいのだ』というのであれば、
気にすることなく家計簿に記入できたはず。と今は思うのでした。

そして今気になっている家計簿は、りらっくま(笑)自分では、自分自身を
いつもイライラなトリだと思っているのですが

リラックマエコ家計簿 2009 (別冊すてきな奥さん)

主婦と生活社



これのほかに

90日間 貯金生活実践ノート

横山 光昭 / ディスカヴァー・トゥエンティワン


貯蓄と言うより、表紙が気に入った(^^;)家計簿も顔で選ぶ!

それかオレンジページ…ふつうだな…
10年前は大学ノートに線引いて『食費』『交際費』云々ってやっていた。
エクセルでグラフ作って、食費の割合にびっくり!とかはやっぱりわかりやすい。
でも手書きに戻すのもいいかな?なんて思ったり。手書きと言えば、外資系の
ビジネスマンに日本語を教えていた時「いまどき手帳だなんて!」と言われて
ちょっとびっくりした(私はケータイにすべてスケジュールを入れていたのだけど)。
会社のなかではあいている時間の確認、会議の時間を都合するときなどには
やっぱり電子機器が便利らしい。
・・・時代に逆行だな。
[PR]

by dimanamana | 2009-11-14 15:52 | 世の中。 | Comments(0)  

<< パン・・・ 今日はいい天気。 >>