ツボだった本。

久々ツボな本。

家守綺譚

梨木 香歩 / 新潮社


図書館で表紙買い(買ってないけど)。
梨木さんは初めて読んだけど、食わず嫌いでした。

どうツボなのか書くのは難しい(^^;)
普段ノンフィクションも好きなのだけど、内田百閒の毎晩のように繰り返す悪夢のような文も
好き、それから浅田次郎ははずせない(JAL乗っても機内誌すぐチェックするし 笑)・・・でも
ミステリも好き・・・

・・・とはちょっと違って、ただただ「しっくりきた」(^^;)たぶん空気。
枝が窓をたたく音がしたり、犬が振り返ったりすまなそうな顔で見たり、掛け軸から鷺が
いなくなったり、タヌキに化かされたり、となりのおばさんとしゃべったり。
いろんな音がして、風が吹いて、水面に何かがいて。

四季を通じて主人公(物書きの男性)の『家守』生活一年目をえがいた文なのだけど、
お兄さんなのかオジサンなのかみたいな文体で、彼の日常生活の不思議な体験・・・
しかもそれに慣れつつある・・・がつづられています。読んでいる間に、私もこんな
一年がすごせたら、のような気分になってくる。



☆ツボものは。

人生問題集

春日 武彦 / 角川グループパブリッシング


可笑しくて、一気読みしちゃった・・・もったいない~(涙)
これも図書館から。返す前にもう一回読む。
対談ものは、実は苦手。この話はまた今度。でもこの本は・・・脱力した。
本の最後に「煩悩108」リストなるものがあるが、・・・興味のある方はぜひ立ち読みでもいいから
ちょっとのぞいてもらいたい(^^;)煩悩って、意外と小さくて大きいな。みたいな。

☆ツボじゃなかったものは。

豚の報い

又吉 栄喜 / 文藝春秋


表紙は田中一村(作品部分使用)。

人間も物も、かなりドロドロで暑苦しいものを取り上げているんだけど
なぜかちっとも暑くないし臭いも音もあまり感じられなかった・・・

(あくまでも個人の意見です 苦笑)
[PR]

by dimanamana | 2009-10-23 02:08 | 楽しいこと。  

<< 自分メモ。 (ほぼ個人的メモ 笑)アイヌ刺... >>