いちいち命令すんな!

ちょっとメモ的に…


英語学校の先生をしているマイクさん(仮名)によれば
最近英語教師と日本人スタッフのあいだでちょっと(イコールかなり大きな?)
ぶつかり合いがあったらしい。

日本人スタッフは、何でもかんでも『プリーズ』と言えば
尊敬語丁寧語になると思っているようなふしがある、と怒っていた。

つまり『なんでそんな言い方すんだ!(怒)』
『そっちこそ!』
『いちいち命令すんな!』
『はぁ~?丁寧にお願いしてんだろ?』
ってミゾが深まってしまったみたい。


英語教師、外国人スタッフも、日本語はあまり上手じゃないし
『~てください』が精一杯なせいもあるから両方とも改善?の余地は
あるのだが…とは言っていたけど。


思うにやはりプリーズは命令口調なのだから気をつけて使わないとね。
しかし…英語学校なのだから丁寧表現の上から下までどんな
レベルがあるのか、もうちょっと日本人スタッフもお勉強しないとね。

まあ『日本人側の言い訳』としては…
英語は『平等』な言葉、自分の上司や先生もフレンドリーに
下の名前(英米的にはある意味、上の?もしくは左の名前だね~ 笑)
やアダナで呼んじゃうよ的なイメージがあるからね~…敬意表現のイメージと
つながりにくい。
って言ってみた。


こんなこと書いてるけど、私も
うちに帰ったら『英語の敬意表現』って本(たしかそんなタイトル)
読み直さなくっちゃ。
[PR]

by dimanamana | 2009-01-07 14:20 | 世の中。  

<< 冬と言えば。 京都展♪ >>